はに丸タワー(くれふしの里古墳公園)

はに丸タワー(くれふしの里古墳公園)

茨城県水戸市牛伏町、くれふしの里古墳公園にある展望塔が、はに丸タワー(高さ17.3m)。牛伏古墳群を中心に整備された歴史をテーマとした公園が、くれふしの里古墳公園ですが、そのシンボルタワーがはに丸タワー。日本最大の埴輪(はにわ)の頭部(屋上)が展望台で、筑波山まで一望にします。

日本最大の埴輪の頭部が展望台に!

はに丸タワー(くれふしの里古墳公園)
よく見ると背面に頭部(屋上)への階段が!

れふしの里の名は、『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』那賀郡の条にある哺時臥山(くれふしのやま)に由来。
公募で名付けられた名前です。

前方後円墳6基、帆立貝形前方後円墳1基、円墳9基で構成される牛伏古墳群で、最大の牛伏4号墳は墳丘長52mの前方後円墳(6世紀後半築造)です。
とくに、古墳群の東側は、前方後円墳のみで、その密集度は、日本一ともいわれています。

モデルとなった人物埴輪は、水戸市杉崎町のコロニーあすなろ地内古墳群から出土した埴輪で、タワーは内原町時代(平成17年に水戸市に編入)の平成10年に建設。
頭部に突き出しているのは避雷針です。
というわけで、NHK教育テレビで昭和58年〜平成元年に放送された『おーい!はに丸』とは関係ありません。

はに丸タワー(くれふしの里古墳公園)
名称 はに丸タワー(くれふしの里古墳公園)/はにまるたわー(くれふしのさとこふんこうえん)
所在地 茨城県水戸市牛伏町201-2
関連HP 水戸国際コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR内原駅からタクシーで10分
ドライブで 常磐自動車道水戸IC
駐車場 24台/無料
問い合わせ 水戸市埋蔵文化財センター TEL:029-269-5090/FAX:029-269-5090
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ