池ノ上みそぎ祭|岐阜市

池ノ上みそぎ祭

毎年12月第2土曜、岐阜市池ノ上町の葛懸神社(かつらがけじんじゃ)で『池ノ上みそぎ祭』が行なわれます。「池ノ上裸祭」としても知られ、15:00頃〜裸(下帯姿)の男たちが、寒風吹きすさぶ長良川に入り禊(みそぎ)を行ないます。禊場は、長良川右岸、忠節橋から下流500mほどの場所です。

祓戸の大神を祀る葛懸神社の神事

池ノ上みそぎ祭

室町時代の応永26年(1420年)頃に起こった旱魃などによる応永の大飢饉では、畿内を中心に祈祷などが行なわれていますが、水の神である葛懸神社の『池ノ上みそぎ祭』もその頃から重要視されたと推測されています。

天文の大洪水までは社前一面大池があり、禊は天文3年(1534年)以前は神社前の大池で行なわれていました(神社は昭和13年、長良川の改修工事のために現在地に遷座)。
下帯姿になったのも大正3年以降のことで、それ以前は全裸だったとか。

池ノ上みそぎ祭
池ノ上みそぎ祭|岐阜市
開催日時 毎年12月第2土曜
所在地 岐阜県岐阜市池ノ上町3-47
場所 葛懸神社/みそぎ場:長良川右岸、忠節橋から下流500m
関連HP 岐阜市観光コンベンション協会公式ホームページ
電車・バスで JR岐阜駅、名鉄岐阜駅から岐阜バス忠節さぎ山まわりなどで約15分、忠節橋下車、徒歩10分
駐車場 なし
問い合わせ みそぎ祭奉賛会 TEL:090-7671-5577
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ