山中温泉総湯菊の湯

山中温泉総湯菊の湯

石川県加賀市の山中温泉にある共同湯が山中温泉総湯菊の湯。1300年前、北陸行脚で江沼国菅生神社に参拝中の僧・行基が発見したと伝えられる古湯、山中温泉。その総湯が菊の湯で、『奥の細道』途中に山中温泉に8泊し湯に浸かった芭蕉の詠んだ「山中や 菊はたおらじ 湯のにほい」の句から名付けられたもの。

芭蕉も堪能した山中温泉の「湯座屋」

山中温泉総湯菊の湯

行基の発見というのは伝説の域を出ませんが、山中温泉の発見以来、湯座屋(共同湯)があった場所が、山中温泉総湯菊の湯。
昭和初期まで各温泉宿には内湯がなく、「湯座屋」と呼ばれる共同浴場を利用していたため、山中温泉に逗留した芭蕉も、この総湯の温泉に浸かったことになります(集中管理方式のため、利用する源泉は往時とは異なります)。

男湯と女湯はそれぞれ別棟で、女湯は「山中座」(市民ホール)に併設、天平風の造りの男湯はその向かいの建物となっていて、足湯の「笠の露」も用意されています。
男湯の湯船の壁には文政9年(1812年)に再作成された『山中温泉縁起絵巻』(医王寺蔵)の一部分が九谷焼タイルで模写されています。

泉質はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(pH8.5)で神経痛、筋肉痛、五十肩などに効能があります。
山中温泉の温泉は集中管理方式で、山中温泉3号・7号・8号・10号・11号の混合泉ということに。
源泉温度は49.8度で、カラン、シャワーからは源泉が出る仕組み。
湯船は、かけ流しと併用して衛生管理のため循環濾過を併用しているので、純粋な源泉かけ流しではありません(衛生管理のため塩素系薬剤を使用)。

山中温泉総湯菊の湯
名称 山中温泉総湯菊の湯/やまなかおんせんそうゆきくのゆ
所在地 石川県加賀市山中温泉薬師町レ1
関連HP 山中温泉観光協公式ホームページ
電車・バスで JR大聖寺駅から加賀温泉バス山中温泉行きで25分、終点下車、徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道加賀ICから約13km
駐車場 観光客専用無料駐車場を利用
問い合わせ TEL:0761-78-4026
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
こおろぎ橋

こおろぎ橋

石川県加賀市、山中温泉の景勝地、鶴仙渓(かくせんけい)に架かる現在では珍しい総檜造りの複方杖橋(桁を支える方 杖を二重に組んだ橋)。橋の名は、峡谷の断崖を通る道(行路)が危険だったために「行路危」(こおろぎ)と呼ばれたとも、秋の夜に鳴くこお

あやとりはし

あやとりはし

石川県加賀市の山中温泉にある華道草月流3代目家元・勅使河原宏が「鶴仙渓を活ける」(かくせいんけいをいける)のテーマのもとにデザインしたユニークなS字型の橋があやとりはし。鶴仙渓・桜公園に架かる歩行者専用橋で、橋長は94.7m、幅員1.5m。

黒谷橋

黒谷橋

石川県加賀市の山中温泉にある景勝地、鶴仙渓(かくせんけい)に架る橋が黒谷橋(くろたにばし)。元禄2年8月1日(1689年9月14日)、松尾芭蕉は『奥の細道』途中で、山中温泉逗留中、黒谷橋を訪れています。現在の橋は昭和5年に架けられた長さ36

鶴仙渓

鶴仙渓

石川県加賀市、山中温泉を流れる大聖寺川(だいしょうじがわ)の峡谷が鶴仙渓(かくせんけい)。松尾芭蕉ゆかりの黒谷橋からこおろぎ橋まで、1.3kmに渡って続き、渓流沿いには、遊歩道も整備されています。途中のあやとりはし近くの河畔には4月〜11月

粟津温泉総湯

粟津温泉総湯

奈良時代の養老2年(718年)、白山開山の祖、泰澄(たいちょう)が発見したという開湯伝説のある粟津温泉(あわづおんせん/石川県小松市)。北陸最古ともいわれる粟津温泉の歴史ある総湯(共同浴場)は温泉街の中心に建っています。平屋建ての和風造りで

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ