高松市美術館

高松市美術館

香川県高松市の中心部に建つ近代的な外観の高松市美術館。前身は昭和24年に、全国で戦後初の公立美術館として栗林公園内に開館したもの。常設展としては香川県内の工芸、戦後の日本美術、世界の版画の3つのテーマで構成し、年4回ほどの展示替えを行なっています。

現代美術のコレクションは、質・量ともに日本屈指

コレクションは、「戦後日本の現代美術」、「20世紀以降の世界の美術」、「香川の美術」が3本柱で、さらに猪熊弦一郎や木村忠太といった郷土の芸術家の作品を収蔵しています。
「香川の美術」では、漆芸や金工などの工芸の優れた作品を収集。
常設展のほか、また、年数回、幅広いジャンルで企画展を開催。

1階にはカフェ&ショップ「cafe de Moku」も営業し(ランチも用意)、カフェに併設のミュージアムショップではオリジナルグッズも販売。
開催中の特別展関連グッズは、会期中のみ美術館2階会場ショップにて販売しています。

高松市美術館
名称 高松市美術館/たかまつしびじゅつかん
所在地 香川県高松市紺屋町10-4
関連HP 高松市美術館公式ホームページ
電車・バスで JR高松駅から徒歩10分
ドライブで 高松自動車道高松中央ICから約6km
駐車場 高松市立美術館地下駐車場(144台/有料)
問い合わせ 高松市美術館 TEL:087-823-1711/FAX:087-851-7250
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
香川県立ミュージアム

香川県立ミュージアム

香川県高松市玉藻町、玉藻公園(高松城跡)の東隣に位置する大規模な歴史、民俗、美術の博物館が香川県立ミュージアム。香川県の文化遺産と人々の暮らし、歴史、社会の移り変わりなどを学ぶことができます。歴史展示室では原始から近現代までの香川の歴史を、

高松市歴史資料館

高松市歴史資料館

香川県高松市、「サンクリスタル高松」4階にあるのが高松市歴史資料館。市制百周年を記念して平成4年11月3日にオープンした歴史資料館。常設展示は、「瀬戸内海に育まれた高松の人々の暮らし」がテーマで、高松藩御座船「飛龍丸」の模型がシンボルになっ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ