唐仁大塚古墳

唐仁大塚古墳

鹿児島県東串良町(ひがしくしらちょう)にある、墳丘長140mという九州第3位の巨大な前方後円墳が唐仁大塚古墳(とうじんおおつかこふん)。130基の古墳で構成される唐仁古墳群(国の史跡)の主墳(1号墳)にもなっています。大隅半島、志布志湾に臨む大塚砂洲に4世紀末(古墳時代中期初頭)頃に築造されたもの。

築造当時には、九州最大の古墳

唐仁大塚古墳
墳丘上に鎮座する大塚神社

墳丘は葺石が敷かれたことが判っていますが、埴輪は見つかっていません。
周囲には周濠が巡らされています。
後円部には内部が朱塗りの竪穴式石室があり、舟形石棺が据えられていました。

肝属川の河口に近い標高5m~7mの砂丘に構築された、鹿児島県では最大規模の古墳群が唐仁古墳群。
唐仁大塚古墳の墳丘長は平成4年の測量調査では現況140mとなっていますが、墳端の削平を考慮して154mあったとする説もあります。

一帯には横瀬古墳(大崎町/墳丘長137m)、唐仁古墳群よりも以前に築造された日本最南端の前方後円墳である塚崎51号墳のある塚崎古墳群(肝付町)などもあり、古くから拓けた地であり、畿内にあったヤマト王権の勢力南限だったことがわかります。

つまり、古墳時代の早い段階(少なくとも5世紀)には南九州先端までヤマト王権の勢力が浸透し、在地首長との連合体制が完成していたことになります。

ちなみに九州で唐仁大塚古墳を上回る規模の古墳は、西都原古墳群(さいとばるこふんぐん/宮崎県西都市)にある男狭穂塚(おさほづか/帆立貝形で墳丘長176m)、女狭穂塚(めさほづか/前方後円墳でで墳丘長176m)で、時代的には唐仁大塚古墳の後継的な首長の墓だと推測できます。
つまり、南九州を掌握する大首長が大隅半島から日向灘へと移ったということになります。

名称 唐仁大塚古墳/とうじんおおつかこふん
所在地 鹿児島県肝属郡東串良町新川西5096
電車・バスで JR志布志駅からタクシーで30分
ドライブで 垂水港から約35km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 東串良町教育委員会社会教育課 TEL:0994-63-3131
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
横瀬古墳(横瀬大塚山古墳)

横瀬古墳(横瀬大塚山古墳)

鹿児島県大崎町横瀬にある墳丘長128mの巨大な前方後円墳が横瀬古墳(横瀬大塚山古墳)。志布志湾の海岸線より1kmほど内陸に入った標高7mの水田の中に位置しています。鹿児島県では唐仁大塚古墳(東串良町)に次ぐ2番目に大きい前方後円墳(国の史跡

男狭穂塚(西都原古墳群)

西都原古墳群の一部、男狭穂塚(おさほづか)は、墳丘長176m、後円部直径132m、後円部高さ18mで、日本最大の帆立貝形古墳。宮内庁により、天孫降臨伝説で天照大神の命により、葦原中国(あしはらのなかつくに)を統治するため高天原から地上に降り

女狭穂塚(西都原古墳群)

西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)にある女狭穂塚(めさほづか)は、全長176m、後円部直径96m、後円部高さ15mで、九州では最大の前方後円墳。宮内庁は、木花開耶姫(このはなさくやひめ)の陵墓参考地に治定しています。近くの男狭穂塚(おさほ

九州の巨大古墳

九州の古墳 ベスト5

ヤマト王権のあった畿内から遠く離れた九州。朝鮮半島と独自の交流ルートを有した九州の大首長は、巨大古墳を見る限りは日向灘、大隅半島など畿内との連絡が容易な太平洋沿岸に集中することが判明。注目はその歴史的変遷で、日向灘(現・宮崎市)→大隅半島→

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ