女狭穂塚(西都原古墳群)

西都原古墳群(さいとばるこふんぐん)にある女狭穂塚(めさほづか)は、全長176m、後円部直径96m、後円部高さ15mで、九州では最大の前方後円墳。宮内庁は、木花開耶姫(このはなさくやひめ)の陵墓参考地に治定しています。近くの男狭穂塚(おさほづか/帆立貝形古墳)と並び九州最大の古墳です。

ヤマト王権と日向の権力者との関係性を示す陵墓

西都原古墳群 空撮 Photo Map

5世紀前半中頃に造られたと推定される畿内式前方後円墳で、発掘調査が行なわれておらず、被葬者はわかっていませんが、ヤマト王権と密接なつながりのある南九州の盟主の墓であることは確実です。

1日1000人が動員されたと推測してもその完成には2年半を費やしたと試算されるほどの大工事だったはずです。
男狭穂塚・女狭穂塚は、仁徳天皇の妃・髪長姫(かみながひめ=髪長比売)と、その父・諸県君牛諸井(もろかたのきみうしもろい)の墓ではないかとも推測されています。
『古事記』によれば、髪長姫は、日向国(ひむかのくに)の諸県君(もろがたのきみ=宮崎県南部の豪族)の娘。
あまりの美しさで、応神天皇が呼び寄せますが、息子である大雀命(仁徳天皇)が難波津で見初めて妻にするという話が残されています。
ヤマト王権と日向の権力者との関係性を示す伝説と陵墓といえるのです。

陵墓参考地なので立ち入ることはできませんが、前方部の拝所から遥拝できます。
例年、『西都古墳まつり』(11月第1土・日曜)の2日目の日曜の特別参拝時のみ立ち入ることが許可されています。

女狭穂塚(西都原古墳群) DATA

名称 女狭穂塚(西都原古墳群)/めさほづか(さいとばるこふんぐん)
所在地 宮崎県西都市三宅
関連HP 西都市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR南宮崎駅から徒歩3分の宮交シティバスターミナルから西都行き宮崎交通バスで1時間3分、西都バスセンター下車、タクシーで5分
ドライブで 東九州自動車道西都ICから約7km
駐車場 700台/無料
問い合わせ 西都市観光協会 TEL:0983-41-1557/FAX:0983-41-1559
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
九州の巨大古墳

九州の古墳 ベスト5

2019年8月21日
生目三号墳

生目三号墳(生目古墳群)

2019年8月19日

鬼の窟古墳(西都原古墳群)

2017年8月23日

男狭穂塚(西都原古墳群)

2017年8月23日

西都原古墳群

2017年8月23日

西都原ガイダンスセンターこのはな館

2017年8月23日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ