箱根登山鉄道・出山の鉄橋(早川橋梁)

箱根登山鉄道・出山の鉄橋(早川橋梁)

神奈川県箱根町を流れる早川渓谷に架かる高さ43m、長さ60.96mの鉄橋が出山の鉄橋。正式名は箱根登山鉄道の早川橋梁で、塔ノ沢駅~出山信号所間、早川を渡る部分に大正6年5月31日に竣工。塔ノ沢~太平台間を箱根登山鉄道に乗車すれば、鉄道通過時に車窓両側から深く切れ込んだ渓谷を見下ろすことができます。

現役で活躍する日本最古の鉄道橋

箱根登山鉄道・出山の鉄橋(早川橋梁)
移設建築中の早川橋梁

実はこの早川橋梁、もともとは明治21年製造された東海道本線天竜川橋梁だったもの(大正2年にに新橋梁が完成=現在の東海道本線下り線で使用中)。
第一次世界大戦(大正3年〜大正7年)勃発による資材調達難航のため、天竜川橋梁の架替えのために撤去、保管されていたイギリス製の下路ダブルワーレントラスを転用した橋梁なのです。

鉄道作業局技師長としてイギリスから日本に招聘されたイギリス人技師のパウナル(Charles Assheton Whately Pownall)の設計(「めがね橋」として知られる碓氷第三橋梁もパウナル設計)。
橋桁は、1840年に設立されたパテント・シャフト・アンド・アクスルトゥリー(The Patent Shaft and Axeltree Company)の製作。
大正12年9月1日の関東大震災にも耐え、現存する唯一の錬鋼混合200ft桁として国の登録有形文化財に、さらには近代化産業遺産(「外貨獲得と近代日本の国際化に貢献した観光産業草創期の歩みを物語る近代化産業遺産群」)にも認定されています。

塔ノ沢~太平台間は所要12分。
箱根登山鉄道に乗ったら、ぜひ、この歴史ある鉄橋に注目を。

名称 箱根登山鉄道・出山の鉄橋(早川橋梁)/はこねとざんてつどう・でやまのてっきょう(はやかわきょうりょう)
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町大平台
関連HP 箱根登山電車公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
箱根登山鉄道

【知られざるニッポン】vol.37 日本一の登山鉄道、箱根登山鉄道

あじさい電車でも有名な箱根登山鉄道。箱根の山を上る登山電車ですが、実はこの鉄道、粘着式鉄道(車輪とレールの間の静摩擦に頼って走行する鉄道=いわゆる普通の鉄道です)と呼ばれるのですが、粘着式鉄道として、日本で最大の勾配を登るのが、実は箱根登山

箱根登山鉄道 あじさい電車

箱根登山鉄道 あじさい電車「夜のあじさい号」運転|箱根町|2019

2019年6月15日(土)〜7月2日(火)/ライトアップ6月14日(金)〜7月7日(日)、箱根登山鉄道で「夜のあじさい号」が運転。ライトアッ プされたあじさいを座席指定の車両から愛でることができる、箱根の初夏の風物詩に。箱根登山鉄道の箱根湯

箱根登山鉄道・日本一の急勾配(80‰)

箱根登山鉄道・日本一の急勾配(80‰)

箱根登山鉄道は小田原~強羅間15kmを約50分で登る日本で唯一の登山鉄道で、最大傾斜は1000分の80(1000m走る間に80m登る)、つまりは80‰(パーミル)で日本一の急勾配。箱根湯本駅(神奈川県箱根町)を強羅に向けて出発すると、いきな

箱根登山鉄道・出山信号場のスイッチバック

箱根登山鉄道・出山信号場のスイッチバック

神奈川県箱根町を走る箱根登山鉄道、日本で唯一の本格的な登山鉄道。なかでも標高165mの塔ノ沢駅から標高448mの宮ノ下駅間はもっとも標高差が大きな場所で急勾配の連続。出山信号場のスイッチバックを最初に、大平台駅、大平台信号場の3ヶ所でスイッ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ