箱根登山鉄道 あじさい電車「夜のあじさい号」運転|箱根町|2019

箱根登山鉄道 あじさい電車

2019年6月15日(土)〜7月2日(火)/ライトアップ6月14日(金)〜7月7日(日)、箱根登山鉄道で「夜のあじさい号」が運転。ライトアッ プされたあじさいを座席指定の車両から愛でることができる、箱根の初夏の風物詩に。箱根登山鉄道の箱根湯本駅〜強羅駅間は、例年6月中旬頃から沿線のアジサイが見頃を迎えます。

沿線6ヶ所で「あじさいのライトアップ」を実施

箱根登山鉄道 あじさい電車

アジサイが見頃を迎える6月中旬〜7月上旬は、車窓に触れるほどにアジサイが咲き誇るため、「箱根あじさい電車」の愛称が付いています。

箱根登山鉄道では、あじさいの見頃に合わせて全席予約指定制「夜のあじさい号」を臨時運転し、沿線6ヶ所で「あじさいのライトアップ」を実施しています。
ライトアップされる時間は、18:30~22:00。

「あじさいのライトアップ」の実施場所は、箱根湯本駅付近、大平台駅付近、旧温泉幼稚園付近(宮ノ下駅〜小涌谷駅間)、小涌谷駅付近、車川(小涌谷駅〜彫刻の森駅間)、彫刻の森美術館付近。

「夜のあじさい号」は、ライトアップ区間では徐行や停止を繰り返しながらゆっくり進み、宮ノ下駅(強羅行)もしくは、塔ノ沢駅(箱根湯本行)では、電車から降りて記念写真ができる「撮影タイム」を設定する特別電車となっています。
全席予約指定制で、予約方法はインターネットに限定。

ちなみに、沿線のライトアップ用電力には、ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社提供の「グリーン電力」(太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマスの自然エネルギーによって発電される電力)を利用。

通常の電車もすべて「あじさい電車」

箱根登山鉄道 あじさい電車

箱根登山鉄道のアジサイの楽しみ方は、箱根湯本駅からスタートして大平台・宮ノ下と箱根の山を登っていくコースと、反対側の強羅駅から山を下って行くコースがあります。
箱根駅伝に例えれば、4区の山登りと、5区の山下り。
途中の小涌谷までは、箱根駅伝のコースである国道1号も並走しています。
昼間の時間帯の箱根登山電車は1時間に4本運行され、全席自由席。
日没後も通常の登山電車なら全席自由席です。

出山信号所、大平台、上大平台信号所では、アジサイ咲くなか、進行方向を変えるスイッチバックもあるので(運転手と車掌が交代)、注目を。

終点の強羅では、箱根登山ケーブルカーに接続、さらに早雲山で箱根ロープウェイに接続しています(大涌谷の火山活動で運休の場合があるので注意が必要)。

箱根登山鉄道 あじさい電車

沿線に咲くアジサイの見頃

箱根湯本駅付近(標高96m)=6月中旬〜6月下旬
大平台駅付近(標高337m)=6月下旬〜7月上旬
宮ノ下駅付近(標高436m)=6月下旬〜7月上旬
彫刻の森駅付近(標高539m)=6月下旬〜7月中旬
強羅駅付近(標高541m)=6月下旬〜7月中旬
箱根登山ケーブルカー沿線(早雲山駅750m)=7月上旬〜7月下旬

箱根登山鉄道 あじさい電車「夜のあじさい号」運転|箱根町|2019
開催日時 2019年6月15日(土)〜7月2日(火)/ライトアップ6月14日(金)〜7月7日(日)
場所 箱根登山鉄道
関連HP 箱根登山鉄道公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
箱根登山鉄道

【知られざるニッポン】vol.37 日本一の登山鉄道、箱根登山鉄道

あじさい電車でも有名な箱根登山鉄道。箱根の山を上る登山電車ですが、実はこの鉄道、粘着式鉄道(車輪とレールの間の静摩擦に頼って走行する鉄道=いわゆる普通の鉄道です)と呼ばれるのですが、粘着式鉄道として、日本で最大の勾配を登るのが、実は箱根登山

日本の登山鉄道 「全国登山鉄道‰会」 6社乗り比べ

島国ながら急峻な山の多い日本には、「登山鉄道」と名乗ることができるような勾配を登る鉄道が数多く、箱根登山鉄道、富士急行、大井川鐵道、叡山電鉄、南海電気鉄道、神戸電鉄の6社で、「全国登山鉄道‰会」を結成しています。‰(パーミル)とは1000m

【日本スイッチバック総覧】スイッチバックで山登り!

鉄道で、線路をジグザグに敷くことによって標高差を解消する方法がスイッチバックです。以前は、道路などにもありましたが、近年道路改良が進み、ほとんど姿を見なくなりました。鉄道も車両の近代化や新線の開通などでスイッチバックをする場所は限られたもの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ