箱根ロープウェイ

箱根ロープウェイ

神奈川県箱根町、小田急系の「箱根フリーパス」で回る箱根ゴールデンコースを構成するのが箱根ロープウェイ。箱根登山ケーブルカーと接続する早雲山駅から大涌谷(おおわくだに)駅、姥子(うばこ)駅を経て、箱根海賊船に乗り継ぐ芦ノ湖畔の桃源台駅まで、全長4kmにもおよぶロープウェイです。

晴れた日にはゴンドラから富士山も

箱根ロープウェイ

全線の所要は25分で、途中の大涌谷駅で乗り換えが必要。
早雲山駅〜大涌谷駅は全長1472m、高低差281m。
大涌谷駅〜桃源台駅は全長2533m、高低差303m。
18名乗りのゴンドラが1分ほどの間隔で運転され、ハイシーズンを除けばあまり待たずに乗ることができます。

ロープウェイは、風に対する高い安定性(風速30m/sまで運転可能)と快適な乗り心地からスイスアルプスなどで稼働する複式単線自動循環式(DLM=ロープを片側2条になるよう敷設し、コンピュータ制御により2本のロープを同調)のフニテル(フランス語のFuniculaire=鋼索鉄道とTeleferique=架空索道の造語)。
段差が解消された乗車口で、車椅子のまま乗車ができ、各駅には車椅子対応の窓口、エレベーター設備、多目的トイレ、赤ちゃん休憩室(授乳室)も完備。
車椅子、ペットケージの貸し出しも行なわれています。

早雲山~大涌谷間のモーター(原動設備)は、大涌谷駅にあり、大涌谷~桃源台間のモーター(原動設備)は、起点駅である姥子駅に設置。

大涌谷にさしかかる手前では、ゴンドラの位置が地上から130mの高さになり、スリル満点。
眼下には噴気に水を通して温泉を造成する大涌沢の荒涼たる風景が展開し、外国人旅行者にも人気です。

また大涌谷~桃源台間では、芦ノ湖、箱根外輪山はもちろん晴れた日にはゴンドラから富士山、眼下に神山の山体崩壊で生じた「流れ山」(岩屑なだれによる岩の堆積地)を眺望。
案外気がつかない人がいるので、窓の外の富士山をお見逃しなく。

なお、箱根ゴールデンコースは早雲山側からの利用者のほうが多く、混雑する傾向に(箱根ロープウェイを桃源台駅で乗車するのは「逆回り」と通称されています)。

箱根ロープウェイ
名称 箱根ロープウェイ/はこねろーぷうぇい
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町強羅〜仙石原〜元箱根
関連HP 箱根ロープウェイ公式ホームページ
駐車場 早雲山駅駐車場(100台/無料)、姥子駅駐車場(30台/無料)、大涌谷駐車場(150台/有料)、桃源台駅駐車場(42台/無料、200台/有料)
問い合わせ 箱根ロープウェイ TEL:0465-32-2205 / 土・日・祝日はTEL:0460-84-8439
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
箱根ロープウェイ・早雲山駅

箱根ロープウェイ・早雲山駅

神奈川県足柄下郡箱根町強羅にある箱根ゴールデンコースの乗り換え駅のひとつが箱根ロープウェイ・早雲山駅。箱根登山ケーブルカーに接続し、標高757m。ゴンドラに揺られて、大涌谷駅までは8分ほどですが、標高差287mを上ります(芦ノ湖畔の桃源台駅

箱根ロープウェイ・大涌谷駅

箱根ロープウェイ・大涌谷駅

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原、今なお火山活動が盛んな大涌谷にあるのが箱根ロープウェイ・大涌谷駅。芦ノ湖畔の桃源台駅(箱根海賊船に接続)と、箱根登山ケーブルカーに接続する早雲山駅を結ぶ箱根ロープウェイの最高所(標高1044m)で、箱根ゴールデ

箱根ロープウェイ・姥子駅

箱根ロープウェイ・姥子駅

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原、姥子温泉にあるのが箱根ロープウェイ・姥子駅。芦ノ湖畔の桃源台駅(箱根海賊船に接続)と、大涌谷駅、早雲山駅を結ぶ箱根ロープウェイの中間駅で、標高878m。一帯は、神山をご神体とする箱根山岳信仰の霊場だった地で、大

箱根ロープウェイ・桃源台駅

箱根ロープウェイ・桃源台駅

神奈川県箱根町、芦ノ湖北岸の湖尻にあるのが箱根ロープウェイ・桃源台駅。桃源台駅〜姥子駅〜大涌谷駅〜早雲山駅を結び、早雲山駅で箱根登山ケーブルカーに接続しています。桃源台駅では箱根海賊船(箱根観光船)に接続し、「箱根ゴールデンコース」の重要な

箱根海賊船(箱根観光船)

箱根海賊船(箱根観光船)

神奈川県箱根町、小田急系の「箱根フリーパス」で乗船できる箱根ゴールデンコースの一部となっているのが箱根海賊船(箱根観光船)。箱根観光船が正式名ですが、箱根海賊船と通称されています。箱根ロープウェイから桃源台で乗り継ぐことができます。箱根町、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ