湖尻自然探勝歩道

湖尻自然探勝歩道

神奈川県足柄下郡箱根町、芦ノ湖北端の湖尻園地(湖尻・桃源台)と姥子(うばこ)を結ぶ全長1.3km、所要約30分の遊歩道が湖尻自然探勝道で、姥子で大涌谷と結ぶ姥子自然歩道と連絡。総称して大涌谷湖尻自然探勝歩道と呼ばれています。ヒノキの植林帯を歩くので森林浴も可能。

ヒノキの植林帯と可憐な花を愛でる

ヒノキの林のなかのゆるやかな下りが続くので、健脚でなくとも大丈夫です。
湖尻林間駐車場(200台)に車を置き、桃源台~姥子の往路を箱根ロープウェイを利用するプランがベスト。
大涌谷までロープウェイを使い、姥子自然歩道と結んで大涌谷湖尻自然探勝歩道の全コースを歩いても、所要1時間と手軽です(姥子自然歩道は火山ガスの噴気する横を歩くので、火山活動が活発の際には閉鎖されます)。
コース途中には夏のシシウド、秋のノコンギクやワレモコウなど、随所で可憐な花々を観察。

神山の山体崩壊で生まれた傾斜地と流れ山

箱根火山の後期中央火口丘である神山の3000年前に発生した山体崩壊で、北側斜面が大きく崩壊し、崩壊物は岩屑なだれとなって湖尻で早川が堰き止められ、現在の芦ノ湖が誕生しました。
その際、岩屑なだれが通過したルートにあたるのがこの大涌谷湖尻自然探勝歩道。
途中にある船見岩(ロープウェイ姥子駅の南東100m)、金太郎岩(姥子から徒歩20分で金太郎岩入口。脇道にそれますが表示があります)などと呼ばれる小さな丘・岩塊は、流れ山と呼ばれる崩壊物の堆積地なのです。
とくに姥子一帯に多いのでぜひ見学を。
船見岩は、芦ノ湖に浮かぶ船が見えるのでその名があります。

湖尻自然探勝歩道
名称 湖尻自然探勝歩道/こじりしぜんたんしょうほどう
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
電車・バスで 箱根ロープウェイ桃源台駅から徒歩5分
ドライブで 東名高速道路御殿場ICから約15km
駐車場 湖尻林間駐車場(200台/有料)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
湖尻園地

湖尻園地

神奈川県箱根町、芦ノ湖の北岸、湖尻一帯は神奈川県と環境省によって緑地園地として整備され、のんびりと散策を楽しむことが可能。湖尻園地と総称されるのは箱根ビジターセンター周辺の森と広場。花の広場、子供の広場、森の広場、野鳥の森、白百合台園地、湖

箱根ロープウェイ・桃源台駅

箱根ロープウェイ・桃源台駅

神奈川県箱根町、芦ノ湖北岸の湖尻にあるのが箱根ロープウェイ・桃源台駅。桃源台駅〜姥子駅〜大涌谷駅〜早雲山駅を結び、早雲山駅で箱根登山ケーブルカーに接続しています。桃源台駅では箱根海賊船(箱根観光船)に接続し、「箱根ゴールデンコース」の重要な

箱根ロープウェイ・姥子駅

箱根ロープウェイ・姥子駅

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原、姥子温泉にあるのが箱根ロープウェイ・姥子駅。芦ノ湖畔の桃源台駅(箱根海賊船に接続)と、大涌谷駅、早雲山駅を結ぶ箱根ロープウェイの中間駅で、標高878m。一帯は、神山をご神体とする箱根山岳信仰の霊場だった地で、大

箱根ビジターセンター

箱根ビジターセンター

神奈川県足柄下郡箱根町、芦ノ湖北岸の湖尻園地にある環境省の施設が箱根ビジターセンター。富士箱根伊豆国立公園の箱根エリアの自然を解説するビジターセンターで、箱根全山のジオラマによる解説、芦ノ湖や外輪山一望のラウンジ、ハイビジョンシアター、パネ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ