箱根海賊船(箱根観光船)

箱根海賊船(箱根観光船)

神奈川県箱根町、小田急系の「箱根フリーパス」で乗船できる箱根ゴールデンコースの一部となっているのが箱根海賊船(箱根観光船)。箱根観光船が正式名ですが、箱根海賊船と通称されています。箱根ロープウェイから桃源台で乗り継ぐことができます。

箱根町、元箱根乗船が比較的に空いている

3隻(ロワイヤルⅡ、ビクトリー、クイーン芦ノ湖)の海賊船が定期航路に就航し、箱根町港→元箱根港→桃源台港→箱根町港と周回しています。
箱根町港→元箱根港は所要10分、元箱根港→桃源台港と桃源台港→箱根町港は所要25分。
箱根町港・元箱根港〜桃源台港の片道と往復料金が設定されるほか、特別船室も用意されているので、ハイシーズンには特別船室利用もおすすめです。

上部甲板は開放デッキになっていて、湖を渡る風を頬に受けての船旅が可能。
海賊船をバックにして記念撮影をという人は、乗船前に湖岸で撮れば海賊船全景が入ります。

ドライブの人向けに「海賊船・ロープウェイ1日きっぷ」も用意。
箱根ロープウェイ姥子駅に無料駐車場があるので、姥子を起点とする手もあります。

箱根ゴールデンコースは、登山電車、ケーブルカー、ロープウェイ、海賊船の順に回る人が多く、海賊船から始まるのは「逆回り」と呼ばれ、混雑度合いが少ない傾向に(土・日曜午後の国道や新道の渋滞に巻き込まれることがなくおすすめです)。

海賊船は3隻が就航

ロワイヤルⅡ

箱根海賊船(箱根観光船)

18世紀にフランスで建造され、フランス艦隊の旗艦として活躍した第1等戦列艦「ロワイヤル・ルイ」(Royal Louis)をモデルとした「ロワイヤルⅡ」。
特別船室もフランス王朝風の内装になっています。

ビクトリー

箱根海賊船(箱根観光船)

18世紀にイギリスで建造され、トラファルガーの海戦などでの活躍で、イギリス海軍のシンボル的な存在となっている第1等戦列艦「ビクトリー」(HMS Victory)をモデルにした「ビクトリー」。
船体の色や内装は当時の雰囲気を再現し、船内にはエレベーターも備わり、車椅子に対応。

クイーン芦ノ湖

箱根海賊船(箱根観光船)

「心ときめくクルーズ」をコンセプトに建造されたゴールドの船体が眩しい海賊船が「クイーン芦ノ湖」。
船内は、床から天井まで木材を張りめぐらせたクラシックなデザインで、優雅な雰囲気が漂っています。

箱根海賊船(箱根観光船)
開催日時 3つの港、箱根ロープウェイと相互リンクをお願いします
名称 箱根海賊船(箱根観光船)/はこねかいぞくせん(はこねかんこうせん)
関連HP 箱根海賊船公式ホームページ
問い合わせ 箱根海賊船(箱根観光船)TEL:0460-83-6325
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
箱根海賊船・箱根町港

箱根海賊船・箱根町港

神奈川県箱根町、芦ノ湖の東岸に位置するのが箱根海賊船・箱根町港。箱根海賊船を運航する小田急グループの箱根観光船の桟橋で、箱根駅伝のゴール近くにある桟橋、ターミナルで、芦ノ湖越しに富士山も眺望。箱根駅伝ミュージアム、箱根関所跡、箱根杉並木への

箱根海賊船・元箱根港

箱根海賊船・元箱根港

神奈川県箱根町、芦ノ湖の東岸に位置するのが箱根海賊船・元箱根港。箱根海賊船を運航する小田急グループの箱根観光船の桟橋で、箱根登山バスに接続し、「箱根フリーパス」利用者の観光拠点のひとつ。旧東海道の散策や、成川美術館の見学、箱根神社参拝などに

箱根海賊船・桃源台港

箱根海賊船・桃源台港

神奈川県箱根町、芦ノ湖の北岸に位置するのが箱根海賊船・桃源台港。箱根海賊船を運航する小田急グループの箱根観光船の桟橋で、箱根ロープウェイ、小田急箱根高速バス、箱根登山バスに接続し、「箱根フリーパス」利用者の通過ポイントのひとつ。「桃源台ビュ

箱根海賊船(箱根観光船)

箱根海賊船(箱根観光船)

神奈川県箱根町、小田急系の「箱根フリーパス」で乗船できる箱根ゴールデンコースの一部となっているのが箱根海賊船(箱根観光船)。箱根観光船が正式名ですが、箱根海賊船と通称されています。箱根ロープウェイから桃源台で乗り継ぐことができます。箱根町、

箱根ロープウェイ

箱根ロープウェイ

神奈川県箱根町、小田急系の「箱根フリーパス」で回る箱根ゴールデンコースを構成するのが箱根ロープウェイ。箱根登山ケーブルカーと接続する早雲山駅から大涌谷(おおわくだに)駅、姥子(うばこ)駅を経て、箱根海賊船に乗り継ぐ芦ノ湖畔の桃源台駅まで、全

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ