芦ノ湖遊覧船(伊豆箱根鉄道)

芦ノ湖遊覧船(伊豆箱根鉄道)

神奈川県箱根町、芦ノ湖の東部を湖上遊覧する「周遊コース」、箱根関所跡港、元箱根港、箱根園港、湖尻港の湖岸の4つの港を周回する「定期航路」を用意。就航するのは双胴船なので、船体2隻分の広さと安定性が自慢で、展望甲板からは、ワイドなパノラマが楽しめます。

湖上遊覧、箱根園への足としても活用できる

定期航路は、箱根関所跡~元箱根~箱根園~湖尻で、700名乗り大型双胴船「十国丸」、「はこね丸」、「あしのこ丸」の3隻が就航。
また湖上遊覧を楽しみたい人は、周遊コース(所要30分)がおすすめです。
ペット同伴も可能(3階・4階のオープンデッキのみリードを付けた状態での歩行が可能)。

伊豆箱根鉄道の路線バス(小田原・熱海・湯河原の指定区間内)、箱根駒ヶ岳ロープウェー、箱根十国峠ケーブルカー、芦ノ湖遊覧船(双胴船)に乗り降り自由で、箱根園にある箱根園水族館に入館(1回)できるフリーきっぷ「箱根旅助け」も用意されています。
GWなどのトップシーズンに、熱海などを起点にして渋滞、混雑を避けて旅するにもおすすめです。

芦ノ湖遊覧船は、箱根園にあるプリンスグランドリゾート箱根のコテージ、ザ・プリンス箱根芦ノ湖に宿泊、滞在する場合、駒ヶ岳ロープウェーに乗車する場合には、箱根園桟橋を起点に、移動の足代わりに活用できます(とくにGWなどのトップシーズンには渋滞、混雑知らずでおすすめです)。

また、箱根九頭龍の森(旧・箱根樹木園)に鎮座する芦ノ湖の守護神、九頭龍神社・本宮(箱根神社に新宮があります)の『月次祭』の毎月13日には「九頭龍神社参拝船」も運航されています(往路1便、復路2便)。

「湖上を走る展望台」に乗船

伊豆箱根鉄道の芦ノ湖遊覧船は、大正9年に設立された箱根遊船がルーツという歴史ある航路。
大正9年に箱根土地(現在のプリンスホテル)が箱根遊船を買収し、往時には芦ノ湖の観光船事業を独占していました。
昭和36年には、日本で初めて双胴遊覧船が運航されています。
双胴遊覧船は、船体2隻分の広さを有し、展望甲板は視界360度のまさに「湖上を走る展望台」です。

芦ノ湖遊覧船(伊豆箱根鉄道)
名称 芦ノ湖遊覧船(伊豆箱根鉄道)/あしのこゆうらんせん(いずはこねてつどう)
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根45-3
関連HP 芦ノ湖遊覧船(伊豆箱根鉄道)公式ホームページ
電車・バスで 箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス、伊豆箱根バス箱根町行きで33分、元箱根下車
ドライブで 小田原厚木道路箱根口ICから約18.3km
駐車場 元箱根港駐車場(無料駐車場と近隣に有料駐車場)、関所跡港(無料、繁忙期と土・日曜、祝日は有料)、箱根園港(無料、繁忙期と土・日曜、祝日は有料)、湖尻港(無料、繁忙期と土・日曜、祝日は有料)、料金は時期により異なる
問い合わせ 芦ノ湖遊覧船(伊豆箱根鉄道) TEL:0460-83-6351
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
箱根駒ヶ岳ロープウェー

箱根駒ヶ岳ロープウェー

神奈川県箱根町、芦ノ湖の湖畔・箱根園駅と、駒ヶ岳(1356m)の駒ヶ岳頂上駅を結ぶのが箱根駒ヶ岳ロープウェー。箱根園同様にプリンスホテルグループの経営で、乗り場も箱根園の駐車場脇。昭和38年に開業したロープウェーは、全長1783m。101人

箱根園・湖畔の一本桜

箱根園・湖畔の一本桜

神奈川県箱根町、芦ノ湖の湖岸、駒ヶ岳の山麓に広がるプリンスグランドリゾート箱根。芦ノ湖遊覧船(伊豆箱根鉄道)の箱根園桟橋近くの園地にあるのが、箱根園・湖畔の一本桜。箱根園のランドマークともいえる桜は、オオシマザクラ(大島桜)で、例年ゴールデ

箱根園水族館

箱根園水族館

神奈川県足柄下郡箱根町、芦ノ湖湖畔の箱根園(プリンスグランドリゾート箱根)にあり450種類3万2000匹を飼育展示する水族館。海抜723mに位置し、日本一高い場所にある海水水族館です。アザラシたちは水族館の人気者。高さ7m、1255tの魚類

箱根旅助け

【トクトクきっぷの旅】 箱根旅助け

箱根を公共交通機関で旅する際の西武ライオンズのマークの付いた伊豆箱根鉄道のバスや船に乗り降り自由のトクトクきっぷが「箱根旅助け」。芦ノ湖の遊覧船は、海賊船ではなく、「走る湖上の展望台」ともいえる双胴船。熱海を起点に旅することができるので、十

九頭龍神社・本宮

九頭龍神社・本宮

神奈川県箱根町、芦ノ湖の湖岸、箱根九頭龍の森(旧・箱根樹木園)に鎮座する芦ノ湖の守護神が九頭龍神社。箱根神社の境内に新宮があるように、天平宝字元年(757年)、箱根山を開山した万巻が、地元の人々を悩ませていた万字ヶ池(芦ノ湖)の九頭龍を鎮め

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ