はつ花そば

はつ花本店

神奈川県足柄下郡箱根町湯本、箱根湯本駅から徒歩7分、湯本橋のたもとにあるはつ花そばは、昭和9年創業の老舗そば店。つなぎに自然薯と卵を使い、水を一切使わずに打ったそばは、コシがあり、のどごしもなめらか。湯本橋のたもとの「本店」のほか、川沿いにある「新館」がありますがメニューは同じです。

箱根湯本名物、自然薯つなぎのそばを味わおう

昭和9年、創業者の小宮義一は、勤め先の洋品店が倒産し、故郷の箱根に戻った際、小田原でのそば屋の繁盛ぶりに驚き、当時箱根にはなかったではそば屋を開業したのだとか。

はつ花という粋な名前は、浄瑠璃『箱根霊験躄仇討』にも描かれた、貞女初花に由来(近くの鎖雲寺に墓があります)。

富士屋ホテルの「カスケードルーム」が誕生したのが昭和9年、富士箱根伊豆国立公園の制定、そして「フラワーパレス」として外国人に親しまれる「花御殿」が竣工したのが昭和11年なので、箱根が観光地として大きく前進した時代です。

自然薯を練りこんだ「新しいそば」が完成したのは、戦後のこと。
当時、手に入れる事が困難だった小麦粉の代わりに、箱根山中で掘った自然薯を使ってつないだところ、美味しいそばが誕生したのです。
つなぎに自然薯をを使うと、「時間がたっても伸びないという利点も生まれた」のだとか。

国産のそば粉と地卵、そして自然薯だけで打つそばは、そば、自然薯山かけ、薬味がセットになった「せいろそば」で味わうのが定番。
夏なら、冷たいそばに自然薯の山かけをかけた貞女(ていじょ)そばも人気です。

箱根湯本温泉街でも名の知れた店で、人気があり、昼どきには多少待ちますが、並んででも食べたい味。
「季節によって芋の味が微妙に変化するので、自然の育んだ四季折々の味わいが楽しめます」とのこと。

時間がたっても伸びない特性を活かし、「おみやげ蕎麦」も用意。

はつ花そば
名称 はつ花そば/はつはなそば
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町湯本635
関連HP はつ花そば公式ホームページ
電車・バスで 箱根登山鉄道箱根湯本駅から徒歩7分
ドライブで 小田原厚木道路箱根口ICから約3km
駐車場 6台/無料
問い合わせ はつ花そば TEL:0460-85-8287
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ