港の見える丘公園イギリス山地区・バラとカスケードの庭

港の見える丘公園イギリス山地区・バラとカスケードの庭

横浜港を眺望する神奈川県横浜市の高台に位置する港の見える丘公園。幕末から明治初年にイギリス陸軍が駐屯し、イギリス公使館が建てられたことが由来のイギリス山地区の最奥部、横浜市イギリス館(旧英国総領事公邸)の背後にあるのが「バラとカスケードの庭」。西洋館の私庭のような優雅な雰囲気が漂っています。

西洋館の裏庭のような雰囲気が漂う

港の見える丘公園イギリス山地区・バラとカスケードの庭

カスケード(cascade)とは、連なった小さな滝のこと。
横浜市イギリス館と山手111番館の間にある噴水広場から階段状の小滝となっって庭に流れ落ち、さらに小さな渓流でロックガーデンを形成しています。
奥へと歩けば山手111番館(旧ラフィン邸)で、庭園側にはテラス席のある喫茶「カフェ・ザ・ローズ」が営業しています。
天気のいい日なら、このテラス席も庭を眺める一等席。

庭園内にあるソメイヨシノの大木は、港の見える丘公園開園(昭和37年)以前からこの地にある巨木です。
バラは80種500株が植栽され、「香りの庭」(100品種、500株)、「イングリッシュローズの庭」(150種1000株)とともに港の見える丘公園のバラの名所になっています。

港の見える丘公園を探勝する多くの人は、展望台までで帰ってしまう人が多いのですが、その南側に素敵な庭園が隠れているのです。

名称 港の見える丘公園イギリス山地区・バラとカスケードの庭/みなとのみえるおかこうえんいぎりすやまちく・ばらとかすけーどのにわ
所在地 神奈川県横浜市中区山手町14
電車・バスで 横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分、またはJR石川町駅から徒歩20分
ドライブで 首都高速横羽線横浜公園ICから約1.8km
駐車場 元町第一駐車場(90台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 横浜市都心部公園 TEL:045-671-3648
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
港の見える丘公園イギリス山・香りの庭(沈降花壇)

港の見える丘公園イギリス山地区・香りの庭(沈床花壇)

神奈川県横浜市、山手地区の高台、横浜港に臨む港の見える丘公園のイギリス山にあるのが香りの庭(沈床花壇)。昭和36年の開園当初から珍しい沈床花壇が整備されて話題を呼びました。「横浜みどりアップ計画」を受けて平成28年3月にリニューアルされ、バ

港の見える丘公園イギリス山地区・イングリッシュローズの庭

港の見える丘公園イギリス山地区・イングリッシュローズの庭

神奈川県横浜市、横浜港を眺望する港の見える丘公園イギリス山地区の横浜市イギリス館近くにあるのが「イングリッシュローズの庭」。もともとイギリス国花で、横浜市の「市の花」でもあるバラを植栽するバラ園があった場所を、バラ植栽を主とした英国風の庭を

港の見える丘公園

港の見える丘公園

横浜・山手地区でもっとも海岸寄りの高台に位置する公園が港の見える丘公園。名前の通りベイブリッジなど横浜港の眺めがよく、夜景の美しいデートスポットとして知られていますが、実は開港の歴史を秘めるエリアにもなっています。公園を歩くときに、横浜開港

山手111番館

山手111番館

外国人居留地の面影が残る横浜山手洋館のひとつで、港の見える丘公園内、大佛次郎記念館近くに建つのが山手111番館。大正15年築のJ.H.モーガンの設計によるスパニッシュスタイルの洋館で、アメリカ人J.E.ラフィン(J.E.Laffin)の住宅

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館

神奈川県横浜市、港の見える丘公園の園内にある山手洋館のひとつが横浜市イギリス館。イギリス総領事公邸として、上海の大英工部総署のイギリス人技師によって設計されたコロニアルスタイルの白亜の洋館。広大な敷地に建つ大規模な建物からは、竣工(昭和12

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ