ハンマーヘッドクレーン(新港ふ頭)

ハンマーヘッドクレーン(新港ふ頭)

神奈川県横浜市中区のみなとみらい21新港地区、新港ふ頭の突端部分を整備したハンマーヘッドパーク (HAMMERHEAD PARK)にある巨大なクレーン(大型港湾荷役機械)がハンマーヘッドクレーン。大正3年に建造されたクレーンは、経済産業省の近代化産業遺産、土木学会選奨土木遺産に認定されています。

大正2年製作、イギリス製の巨大クレーンが現存

大正3年、新港ふ頭の西側の突堤に、日本で最初の湾港荷役専用クレーンが整備されました。
それが、ハンマーヘッドクレーン。
イギリス製の50tジャイアント・カンチレバークレーン(50t定置式電機起重機/製作:COWANS SHELDON)で、国内には同時期に5基輸入され、横浜・新港ふ頭のほか、世界文化遺産登録された長崎造船所や呉海軍工廠、佐世保海軍工廠、横須賀海軍工廠に設置されています。
そのうち、新港ふ頭、三菱重工業長崎造船所(長崎県長崎市)と旧海軍工廠を引き継ぐ佐世保重工業佐世保造船所(長崎県佐世保市)の合計3基のみ現存(長崎と佐世保は国の登録有形文化財)。
世界にも17基しか存在しない貴重な産業遺産になっています。

クレーンは50トン級で高さ30.7m、アーム長43.0m、旋回半径18.0m。
金づちに似た形状から「ハンマーヘッド」と呼ばれて親しまれてきました。

横浜港の貿易量の増大とともに、新港ふ頭にイギリスから輸入したクレーンを設置したもの。
これにより、貨物船が岸壁に着岸し、クレーンを使って積み下ろすことで作業効率が大幅に向上したのです。
関東大震災は、横浜港周辺に大きな被害をもたらし、ふ頭は大半が水没しましたが、ハンマーヘッドクレーンは倒壊することなく存続し、戦後の高度経済成長にも活躍をしたのです。

横浜港もコンテナ化が進み、港湾機能の中心が本牧や大黒ふ頭に移動、その役割を終えました。
平成13年の廃止後、国の管理となり(国土交通省関東地方整備局)、基礎補強工事、再塗装が行なわれ、新港ふ頭客船ターミナル・横浜ハンマーヘッドの整備とともにハンマーヘッドパークのメイン施設として保存。
みなとみらい21(MM21)・新港地区の新しいシンボルとして余生を送っています。

「『貿易立国の原点』横浜港発展の歩みを物語る近代化産業遺産群」として、新港ふ頭、旧臨港線港一号橋梁、旧臨港線港二号橋梁、旧臨港線港三号橋梁、新港橋梁、赤レンガ倉庫(以上、すべて「新港ふ頭の遺産」)などとともに経済産業省の近代化産業遺産に認定。

ハンマーヘッドクレーン(新港ふ頭)
横浜港税関陸上設備復旧図(昭和6年)
ハンマーヘッドクレーン(新港ふ頭)
名称 ハンマーヘッドクレーン(新港ふ頭)/はんまーへっどくれーん(しんこうふとう)
所在地 神奈川県横浜市中区新港2-14-1
関連HP 横浜観光コンベンションビューロー公式ホームページ
電車・バスで みなとみらい線馬車道駅から徒歩10分 、みなとみらい駅から徒歩12分。JR桜木町駅から徒歩15分
ドライブで 首都高速横羽線みなとみらいランプから約1.5km
駐車場 横浜ハンマーヘッド駐車場(350台/有料)
問い合わせ 横浜市港湾局建設保全部建設第一課 TEL:045-671-7302
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
港一号橋梁(汽車道)

港一号橋梁(汽車道)

明治44年に開通した初代横浜駅(桜木町駅)と新港埠頭を結ぶ臨港線に架橋された橋。現在は汽車道の遊歩道、人道橋として余生を送っています。1907年(明治40年)に、港二号橋梁とともにアメリカン・ブリッジで製作された30フィートの鈑桁橋2連と1

港二号橋梁(汽車道)

港二号橋梁(汽車道)

明治32年に始まった横浜港の新港埠頭の造成にともない明治44年に開通した横浜臨港線の2つ目の橋梁が港二号橋梁。現在は歩行者専用の汽車道の一部として保存されています。港一号橋梁と同様に、明治40年にアメリカン・ブリッジ社で製作され、明治42年

港三号橋梁(汽車道)

港三号橋梁(汽車道)

汽車道に3つ連続するかつての鉄道橋のうち、旧横浜駅(現・桜木町駅側)から3番目にあり、もっとも小さな橋が港三号橋梁。明治39年に架設された北海道炭礦鉄道夕張線の夕張川橋梁の100フィート鈑桁橋(鋼ワーレントラス橋)で昭和3年、横浜生糸検査所

新港橋梁

新港橋梁

経済産業省の近代化産業遺産に認定される赤レンガ倉庫、50t起重機(ハンマーヘッドクレーン)のある新港ふ頭地区と、象の鼻パークを結ぶ「山下臨港線プロムナード」途中にあるかつてここを走った鉄道、臨港線(税関線)の新港橋梁。遊歩道「山下臨港線プロ

横浜赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫

横浜港・新港地区のシンボリックな風景のひとつが、横浜赤レンガ倉庫。新港埠頭脇に、古めかしくも美しいかつての2棟の倉庫が連なっています。明治32年、新港埠頭建設により、物資の一時保管場所として建てられたのが始まりで正式名は新港埠頭保税倉庫。設

三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン

三菱長崎造船所ジャイアント・カンチレバークレーン

長崎県長崎市飽の浦町の三菱長崎造船所内にある明治42年の巨大なクレーンがジャイアント・カンチレバークレーン(アップルビー社製のハンマーヘッドクレーン、国の登録有形文化財)。第三船渠、占勝閣とともに世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の

佐世保重工業250トン起重機

佐世保重工業250トン起重機

長崎県佐世保市立神町にある国の登録有形文化財に指定される巨大なジャイアント・カンチレバー・クレーン(ハンマーヘッドクレーン)が佐世保重工業250トン起重機。戦前、佐世保海軍工廠にあったもので、日本遺産「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴」の構

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ