反町駅

反町駅

神奈川県横浜市神奈川区上反町1丁目にある東急電鉄東横線の駅が、反町駅(たんまちえき)。「そりまちえき」と誤読されることの多い、東急屈指の難読駅ですが、大正15年2月14日開業という歴史ある駅。みなとみらい線との直通運転で、駅も地下駅になっています。

もともとは「ソリマチ」だったという柳田國男説も!

反町駅

平成16年2月1日、横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転開始によって地下駅化され、東白楽駅〜横浜駅間を高架線から地下線に切り換え、反町駅と横浜駅が地下ホームとなって、地上部分が廃線になっています。

廃線跡は、東横フラワー緑道に、鉄道トンネルは高島山トンネルとして再生されています。

反町駅も高架上に2面2線のホームを備えていましたが、地下4階に島式1面2線のホームに変わっています。

反町は、一反二反という単位の「反」に由来するとも、段町からの転訛とも、さらには全国にある反町という地名のうち、「たんまち」と読むのは横浜だけで、他の栃木県二宮町、群馬県太田市、長野県松本市はすべて「そりまち」と読ませるため、休耕地の「そり」に由来する(「そりまち」が「たんまち」に転訛)とする説もあり定かでありません。

ちなみに、柳田國男は、『地名の研究』で、「横浜市内旧神奈川の一区に反町がある。今はタンマチと訓む由であるも、反町大膳(そりまちたいぜん)の在所たる上野新田郡(こうずけにったぐん)の反町を始め、諸国にある者の多くはソリマチと訓んでいる。一反二反の反をソリと言うことが俚人に耳遠いためにこうした読み方は起こったのであろう」と記しているので、やはり「もともとはソリマチ説」をとっています。

明治33年には反町遊郭(青木町遊郭)がつくられましたが、空襲で焼失しています。

反町駅
名称 反町駅/たんまちえき
所在地 神奈川県横浜市神奈川区上反町1-1
関連HP 東急電鉄公式ホームページ
問い合わせ 横浜駅 TEL:045-311-3669
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高島山トンネル(東横フラワー緑道)

高島山トンネル(東横フラワー緑道)

神奈川県横浜市神奈川区、平成16年2月のみなとみらい線開通に伴い、東急東横線・東白楽駅~横浜駅間の地下化で廃線となった部分のトンネルを歩道として再生したのが、全長170mの高島山トンネル(大正15年開通)。廃線跡を利用した東横フラワー緑道の

東急電鉄 難読駅名

東急電鉄 難読駅名 5選

目黒蒲田電鉄、東京横浜電鉄などをルーツにする東急電鉄。渋沢栄一の田園調布開発に伴って設立する目黒蒲田電鉄が始まりという東急電鉄ですが、難読駅名として知られるのは、九品仏駅、等々力駅、荏原中延駅、矢口渡駅、反町駅の5駅です。九品仏|くほんぶつ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ