樫西海岸(弁天島)

樫西海岸(弁天島)

高知県幡多郡大月町にある、少し穴場の海岸が樫西海岸(かしにしかいがん)。樫西海域公園(樫西海中公園)の指定を受けた透明度の高い美しい海で、海食洞のあり、弁財天が祀られる弁天島とは干潮時に陸続きに。サンゴが間近に観察できるダイビングスポットとしても人気です。

干潮時には歩いて島に渡ることができる

樫西海岸(弁天島)

干潮時に陸続きとなる弁天島には弁天社が祀られ、土佐藩主・山内氏、江戸時代中期に土佐南学を大成させた儒学者・谷秦山(たにじんざん)、江戸時代後期の国学者・鹿持雅澄(かもちまさずみ)も弁天島を訪れています。
夏季には多くの海水浴客やキャンパーで賑わいます。

一帯が海域公園に指定されるのは、豊後水道と黒潮の流れがぶつかる海域で、日本の海の 3分の1魚種が生息しているから。
足摺宇和海国立公園にも指定されています。

樫西海岸(弁天島)
名称 樫西海岸(弁天島)/かしにしかいがん(べんてんじま)
所在地 高知県幡多郡大月町樫ノ浦
関連HP 大月町観光協会公式ホームページ
ドライブで 松山自動車道西予宇和ICから約101km。または、高知自動車道中土佐ICから約101km
駐車場 10台/無料、樫西園地駐車場も利用可能
問い合わせ 大月町観光協会 TEL:0880-62-8133
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ