さめうらカヌーテラス

さめうらカヌーテラス

高知県土佐郡土佐町、早明浦ダムのダム湖、さめうら湖の湖畔にある「湖の駅さめうらレイクタウン」にあるアクティビティを楽しめる施設が、さめうらカヌーテラス。カヌー、サップ、サイクリングなどが可能で、カヌー、サップ(STAND UP PADDLE)に関してはガイド付きの体験が通年可能です。

湖上でカヌー、サップを体験

周囲を山に囲まれたさめうら湖では、さほど風もないため穏やかな湖面。
カナディアンカヌー、サップにはピッタリの環境。
しかも吉野川の上流部なので、水質も抜群です(徳島県、香川県の水道用水を供給)。

ハンガリー代表のカヌー選手として、2006年、世界選手権スプリント種目で優勝したラヨシュ・ジョコシュさんは、さめうら湖のある土佐町に移住し、嶺北高校カヌー部の指導を行なうほか、さめうらカヌーテラスへのアドバイス、指導もしています。
ドナウ川でカヌーを練習したラヨシュ・ジョコシュさんも「もしハンガリーに、さめうら湖があったら人が押し寄せて大変なことになる」というほど、カヌーに向いていると「カヌーの聖地」として太鼓判を押します。

「さめうら湖カナディアンカヌー体験」は、ガイド付きでさめうら湖の湖上を散策。
所要は3時間ほどで、2名以上で催行。
4歳から参加でき、料金的にも手頃な設定となっています。

サップボードの上に立ってパドルで湖上をスイスイと進むサップ(STAND UP PADDLE)も、「さめうら湖サップ体験」に参加すれば、ガイド付きで体験可能。
所要は3時間ほどで、2名以上で催行。
4歳から参加でき、こちらも料金的にも手頃な設定に。

れいほく産のゆずジュースなど、土佐れいほく高原牛乳を使ったアイスカフェラテなど、地産の素材を活かしたドリンクやスイーツなどを味わえるカフェも営業。
湖を眺める好立地なので、下見がてらのカフェの外来利用もおすすめです。

画像協力/土佐れいほく観光協議会

さめうらカヌーテラス
名称 さめうらカヌーテラス/さめうらかーてらす
所在地 高知県土佐郡土佐町田井146-1
関連HP 湖の駅さめうらレイクタウン公式ホームページ
電車・バスで JR高知駅、または、JR大杉駅からバスで田井出張所下車、タクシーで5分
ドライブで 高知自動車道大豊ICから約15km
駐車場 25台/無料
問い合わせ さめうらカヌーテラス TEL:0887-72-9919
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
さめうら湖

さめうら湖

高知県長岡郡本山町(もとやまちょう)と土佐郡土佐町にまたがる、一級河川・吉野川本流上流部を堰き止めた早明浦ダムのダム湖が、さめうら湖。ダム湖百選にも選定される湖は、四国の水瓶的な存在(「四国のいのち」とも)。もちろん、四国では最大のダム湖で

早明浦ダム

早明浦ダム(さめうらだむ)は、吉野川総合開発計画に基づき、高知県長岡郡本山町と土佐郡土佐町にまたがる吉野川本流の上流部に昭和48年に完成したダム。多目的ダムとして西日本一の規模を誇り、貯水量は全国第8位。四国4県に分水され、「四国の水がめ」

さめうら荘レイクサイドホテル

さめうら荘レイクサイドホテル

高知県土佐郡土佐町、早明浦ダムのダム湖、さめうら湖の湖畔にある「湖の駅さめうらレイクタウン」の中核施設が、さめうら荘レイクサイドホテル。全室レイクビューというお洒落なホテルで、屋外テラス付き、ガラス張りのレストランではダム湖を眺めながら地元

瀬戸川渓谷・アメガエリの滝

瀬戸川渓谷・アメガエリの滝

高知県土佐郡土佐町を流れる吉野川の支流、瀬戸川の上流に懸かる滝がアメガエリの滝。庭石としても珍重される吉野の青石が累々と重なるなかに落ちる土佐名水百選にも選定の滝。瀬戸川渓谷沿いの車道から遊歩道を数分で2段になって落下する滝の正面に下ること

道の駅土佐さめうら

道の駅土佐さめうら

高知県土佐郡土佐町を走る国道439号沿いにある道の駅が、道の駅土佐さめうら。すぐ北側に吉野川を堰き止めた「四国の水がめ」、早明浦ダム(さめうら湖)があり、れいほくエリアの観光拠点にもなっています。物産館のほか、食堂与作、木工グループ「さめう

上吉野川橋

上吉野川橋

高知県土佐郡土佐町、吉野川上流を堰き止めた早明浦ダムのダム湖、さめうら湖に架る高知県道17号(本川大杉線)の道路橋が、上吉野川橋。全長321m、幅員6mの斜張橋で、昭和46年3月に開通。施工は横河ブリッジで、「瀬戸大橋(斜張橋)のミニモデル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ