さめうら湖

さめうら湖

高知県長岡郡本山町(もとやまちょう)と土佐郡土佐町にまたがる、一級河川・吉野川本流上流部を堰き止めた早明浦ダムのダム湖が、さめうら湖。ダム湖百選にも選定される湖は、四国の水瓶的な存在(「四国のいのち」とも)。もちろん、四国では最大のダム湖です。

湖上では、カヌーやサップを楽しむことができる!

総貯水容量3億1600万トンは国内第8位、ダム湖の面積である湛水(たんすい)面積750haは国内第13位です。

早明浦ダムのライブカメラが設置されているのは、ダムサイト北側の早明浦ダム左岸展望台。
展望台からは堰堤と、さめうら湖を一望にできます。

堰堤から本四架橋のモデルとして建設された長さ321mの吊り橋、上吉野川橋までを一周する湖畔道路沿いには、2000本の桜が植栽され、春には桜の回廊となり、初夏にはアジサイ、秋は紅葉と四季折々の美しさを見せています。

堰堤の南西、さめうら湖の湖畔(南岸)には、湖の駅さめうらレイクタウンが整備され、宿泊施設の「さめうら荘レイクサイドホテル」、幻の和牛、土佐あかうしを堪能できるレストランが営業するほか、「さめうらカヌーテラス」があり、カヌー、サップ、サイクリング、湖を眺めるカフェなどを楽しむことができます。
「さめうらカヌーテラス」で、ガイドとともにカヌー、サップボードで湖上を散策する「さめうら湖カナディアンカヌー体験」、「さめうら湖サップ体験」は通年可能。

湖を周回するように高知県道17号(本川大杉線)、高知県道265号(大川土佐線)、高知県道6号(高知伊予三島線)が走り高知県道6号の先にはエメラルドグリーンの八升淵など、渓谷美で名高い瀬戸川渓谷があります。
高知県道6号(高知伊予三島線)の走る瀬戸川沿いには、かつて一の谷林用軌道(明治42年〜昭和35年に使われた森林鉄道)が走っていましたが(おもに現在の県道の対岸)、遺構はほとんど残されていません。

桜のシーズン、GW、夏期、クリスマス〜年始にはダムのライトアップも実施されています。

画像協力/土佐れいほく観光協議会

さめうら湖
名称 さめうら湖/さめうらこ
所在地 高知県長岡郡本山町・土佐郡土佐町
ドライブで 高知自動車道大豊ICから約16km
駐車場 ダムサイト駐車場(無料)、湖の駅さめうらレイクタウン駐車場(無料)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

早明浦ダム

早明浦ダム(さめうらだむ)は、吉野川総合開発計画に基づき、高知県長岡郡本山町と土佐郡土佐町にまたがる吉野川本流の上流部に昭和48年に完成したダム。多目的ダムとして西日本一の規模を誇り、貯水量は全国第8位。四国4県に分水され、「四国の水がめ」

瀬戸川渓谷・アメガエリの滝

瀬戸川渓谷・アメガエリの滝

高知県土佐郡土佐町を流れる吉野川の支流、瀬戸川の上流に懸かる滝がアメガエリの滝。庭石としても珍重される吉野の青石が累々と重なるなかに落ちる土佐名水百選にも選定の滝。瀬戸川渓谷沿いの車道から遊歩道を数分で2段になって落下する滝の正面に下ること

吉野川

吉野川

高知県いの町の瓶ヶ森(かめがもり/標高1896.5m)・白猪谷を源流に、四国山地を横断し、徳島県徳島市で紀伊水道に注ぐ長大な河川が吉野川。幹川流路延長は194kmで、日本第12位、流域面積3750平方キロは日本第17位の河川です。「坂東太郎

さめうら荘レイクサイドホテル

さめうら荘レイクサイドホテル

高知県土佐郡土佐町、早明浦ダムのダム湖、さめうら湖の湖畔にある「湖の駅さめうらレイクタウン」の中核施設が、さめうら荘レイクサイドホテル。全室レイクビューというお洒落なホテルで、屋外テラス付き、ガラス張りのレストランではダム湖を眺めながら地元

さめうらカヌーテラス

さめうらカヌーテラス

高知県土佐郡土佐町、早明浦ダムのダム湖、さめうら湖の湖畔にある「湖の駅さめうらレイクタウン」にあるアクティビティを楽しめる施設が、さめうらカヌーテラス。カヌー、サップ、サイクリングなどが可能で、カヌー、サップ(STAND UP PADDLE

道の駅土佐さめうら

道の駅土佐さめうら

高知県土佐郡土佐町を走る国道439号沿いにある道の駅が、道の駅土佐さめうら。すぐ北側に吉野川を堰き止めた「四国の水がめ」、早明浦ダム(さめうら湖)があり、れいほくエリアの観光拠点にもなっています。物産館のほか、食堂与作、木工グループ「さめう

上吉野川橋

上吉野川橋

高知県土佐郡土佐町、吉野川上流を堰き止めた早明浦ダムのダム湖、さめうら湖に架る高知県道17号(本川大杉線)の道路橋が、上吉野川橋。全長321m、幅員6mの斜張橋で、昭和46年3月に開通。施工は横河ブリッジで、「瀬戸大橋(斜張橋)のミニモデル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ