国府宮はだか祭|2019|稲沢市

2019年2月17日(日)、愛知県稲沢市の国府宮神社で『国府宮はだか祭(儺追神事)』が行なわれます。旧暦1月13日から翌朝に行なわれる『国府宮はだか祭(儺追神事)』は、奈良時代の神護景雲元年(767年)に始まったという歴史ある儺追(なおい)神事。岡山の西大寺会陽、山口防府天満宮の御神幸祭と並ぶ「日本三大裸祭り」のひとつ。

白タビ姿の数千人の裸男が集結!

国府宮神社は、尾張大國霊神社(おわりおおくにたまじんじゃ )が正式名。
近くに尾張国の国衙(国府)があったことから、一般には国府宮(こうのみや)と呼ばれて尊崇されています。
『国府宮はだか祭』には42歳と25歳の厄年の男性を中心に、尾張一円からサラシの褌に白タビ姿の数千人の裸男が集まります。

旧正月13日朝5:00に行なわれる「神男一番祈祷」を皮切りに、厄除けの祈祷を受ける人や御守りの「なおいぎれ」授与を待つ人で境内周辺は大混雑に。
15:00頃までに神男が参列し、本殿において儺追神事が斎行。
拝殿の外では近隣各地区からの裸男の集団が次々と「なおい笹」を捧げ、拝殿へ駆け込んで来ます(揉み合いが始まるのは16:00頃)。

参道近くの良い場所を確保して見物したい場合には12:00頃には到着のスケジュールで。
『国府宮はだか祭(儺追神事)』前後3日間は、神社周辺で交通規制が行なわれ、神社の駐車場が使えないため名鉄電車、JRまたは臨時バスの利用が賢明。
名鉄電車では車両増結で送客に対応しています。

熱田神宮の『歩射神事』(1月15日)、七所社『きねこさ祭』(旧暦1月17日)と並び、尾張三大奇祭に数えられています(大宮浅間神社『石上げ祭り』/8月第1日曜を含めることも)。

国府宮はだか祭 おもな行事日程

2月17日(日)15:00   儺追神事(はだか祭)/旧正月13日
2月18日(月)3:00   夜儺追神事(よなおいしんじ)/旧正月14日
2月18日(月)8:00   大鏡餅餅切始(おおかがみもちもちきりはじめ)/旧正月14日
2月21日(木)19:00   的射神事(まといしんじ)/旧正月17日
2月24日(日)9:30   なおい茶会/旧正月20日

国府宮はだか祭|2019|稲沢市 DATA

国府宮はだか祭|2019|稲沢市
開催日 2019年2月17日(日)
関連HP 国府宮公式ホームページ
所在地 愛知県稲沢市国府宮1-1-1
場所 尾張大國霊神社(国府宮)
電車・バスで 名鉄国府宮駅から徒歩5分。JR稲沢駅から徒歩20分
ドライブで 名神高速道路一宮ICから約4km
駐車場 国府宮はだか祭(儺追神事)期間は周辺に交通規制が実施され、神社駐車場は利用不可
問い合わせ 尾張大國霊神社(国府宮) TEL:0587-23-2121/FAX:0587-23-2122
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
七所社『きねこさ祭』

七所社『きねこさ祭』|名古屋市

2019年2月7日
西大寺『会陽』

西大寺『会陽』|2019|岡山市

2019年1月14日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ