飛龍観

文珠山山上の天橋立ビューランド内にあるのが飛龍観で「天橋立四大観」のひとつ。ここからは南から北へと真一文字にのびる天橋立を真っ正面に望むことができる絶景の展望台。「股のぞき」で眺めると松がうろこ、白砂が背びれで、龍が天に舞い上がる様に見えることがその名の由来。

天橋立四大観のひとつで股のぞきで眺めると龍が出現!

飛龍観からの天橋立の眺めは、白砂もよくわかり、白砂青松の砂嘴が美しく眺められるのが特長。
山麓の文殊駅から標高135mのビューランド駅へはリフトなら6分、モノレールなら7分でアクセスが可能です(ペット同伴の場合はリフトのみ乗車可能)。

飛龍観へ上るには、天橋立ビューランドの入園料が含まれていますが、モノレールまたはリフトの往復乗車料金が込みなので、標高差120mを歩かずに上るための投資となる仕組み。

天橋立ビューランドには観覧車、サイクルカーなどののアトラクション(遊具)のほか、龍をイメージした空中回廊の「飛龍観回廊」、股のぞき用の手すりの付いた「股のぞき台」も設置されています。

股のぞきで眺めるとこんな感じに

 

飛龍観 DATA

名称 飛龍観/ひりゅうかん
所在地 京都府宮津市文珠
関連HP 天橋立ビューランド
電車・バスで 北近畿タンゴ鉄道天橋立駅から徒歩5分でモノレール文殊駅・リフト乗り場
ドライブで 京都従貫自動車道宮津天橋立ICから約6kmで市営天橋立駐車場
駐車場 540台(市営天橋立駐車場)/有料
問い合わせ 天橋立ビューランドTEL:0772-22-1000/FAX:0772-22-5305
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

天橋立ビューランド

2017.08.11

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ