道の駅小豆島オリーブ公園

道の駅小豆島オリーブ公園

香川県の小豆島にある小豆島町立の公園が道の駅小豆島オリーブ公園。 明治時代に日本で初めてオリーブの栽培に成功したオリーブ園に隣接、つまりは小豆島のオリーブ発祥の地一帯を整備した公園です。シンボル的な存在のギリシャ風車、石畳の「オリーブの路」などが地中海のような雰囲気を漂わせています。

ギリシャ風車、オリーブ記念館や温泉がある道の駅

道の駅小豆島オリーブ公園
オリーブの木2000本が植えられています
道の駅小豆島オリーブ公園
オリーブ色に塗られたポスト
道の駅小豆島オリーブ公園
オリーブの実
道の駅小豆島オリーブ公園
オリーブソフト

オリーブ発祥の地碑、ふれあい広場、オリーブに関する資料を展示するオリーブ記念館、ハーブクラフト館「ミロス」、ハーブガーデン・ハーブ温室、オリーブ圃場、天然温泉の日帰り入浴とレストランがある「サン・オリーブ」、全5部屋という宿泊施設の「オリベックスうちのみ」などが整備され全体が道の駅に登録されています。

ギリシャ風車は、小豆島の姉妹島であるギリシャ・ミロス島から贈られた風車です。
オリーブ発祥の地碑は、明治41年にアメリカから輸入された苗木から、小豆島のオリーブ栽培が始まったことを記す記念碑(農商務省が三重、鹿児島、香川の三県で、アメリカから輸入した苗木を使って試作を行ないました)。
昭和62年にオリーブ植栽80周年を記念して香川県が建立したものです。

角野栄子著の『魔女の宅急便』の実写版映画(平成26年公開/監督:清水崇)に使われた小豆島のオープンセットをそのまま再生した雑貨ハーブカフェ「コリコ」も営業。
「コリコ」は、主人公・キキが引っ越した海の見える街の名前で、オリーブ公園を散策していると、なんだか『魔女の宅急便』の世界に溶け込んでいくような感じに・・・。

オリーブの花言葉は、平和、安らぎ、知恵、勝利とのことで、園内には幸せのオリーブ色のポストも設置されています。

昭和天皇御手播きのオリーブは、昭和25年3月15日、昭和天皇行幸時に植栽されたもの。
3月15日は「オリーブの日」になっています。

ちなみに道の駅の目の前の海岸がオリーブビーチ、すぐ西に隣接するのが小豆島オリーブ園です。

道の駅小豆島オリーブ公園
道の駅小豆島オリーブ公園

道の駅小豆島オリーブ公園 DATA

名称 道の駅小豆島オリーブ公園/みちのえきしょうどしまおりーぶこうえん
所在地 香川県小豆郡小豆島町西村甲1941-1
関連HP 道の駅小豆島オリーブ公園公式ホームページ
電車・バスで 土庄港ターミナルから小豆島バス坂手線・南廻り福田線で、オリーブ公園口下車、徒歩5分
ドライブで 草壁港から約3.3km、池田港から約6km、坂手港から約8km、土庄港から約12km
駐車場 201台/無料
問い合わせ TEL:0879-82-2200/FAX:0879-82-2215
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ