大徳寺・聚光院

大徳寺・聚光院

京都府京都市北区紫野(むらさきの)、臨済宗大徳寺派の大本山・大徳寺の塔頭(たっちゅう)が聚光院(じゅこういん)。千利休が開祖・笑嶺宗訢(しょうれいそうきん)のもとに参禅したことから千利休の墓をはじめ、三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)歴代の墓所があります。通常は非公開なので外観のみ見学可能。

方丈障壁画は国宝(複製を展示)

大徳寺・聚光院
茶室「閑隠席」

永禄9年(1566年)、三好長慶(みよしながよし)の養子・三好義継が、父の菩提を弔うために笑嶺宗訢(しょうれいそうきん)を開山として建立。
聚光院という名(院号)は、三好長慶の法名「聚光院殿前匠作眠室進近大禅定門」に由来しています。
三好長慶は、室町幕府将軍(足利義晴、足利義輝)を京から追放し、織田信長に先駆けて三好政権を樹立した戦国武将で、その子、三好義継は織田信長の上洛に協力し、信長の天下取りに加わりますが、後に反目し、追放された足利義昭を若江(現在の大阪府東大阪市若江南町)で庇護したため、若江城を攻撃されて自刃しています。

桃山時代の方丈建築を代表する方丈、千利休150回忌の寛保元年(1741年)に表千家7世・如心斎が寄進した閑隠席(かんいんせき)、桝床席(ますどこせき)は国の重要文化財。

狩野永徳(かのうえいとく)とその父・狩野松栄の作という方丈障壁画38面(花鳥図16面、琴棋書画図8面、瀟湘八景図8面、竹虎遊猿図6面、附指定=蓮鷺藻魚図8面)は国宝。
オリジナルは保存のため京都国立博物館に寄託され、方丈にはDNP(大日本印刷)のデジタル技術「伝匠美」による高精度の複製画が設置されています(オリジナルには伝統工芸師による金泥加工が施されていますが、複製画は印刷で高精度に再現、経年にともなう虫食いや破損部分はバーチャル補修を実施)。

境内に千利休の墓があるほか、方丈庭園(百積の庭)は、狩野永徳の下絵を元に、千利休が作庭と伝えられる名園で、国の名勝になっています。

大徳寺・聚光院は、「京の冬の旅」などでの特別公開時以外は見学できません(これまでは数年に1回ほどの公開です)。

大徳寺・聚光院
花鳥図16面の一部
大徳寺・聚光院
名称 大徳寺・聚光院/だいとくじ・じゅこういん
所在地 京都府京都市北区紫野大徳寺町58
電車・バスで JR京都駅から市バスで40分、大徳寺前下車、徒歩2分で南門。またはJR京都駅から市バスで32分、北大路堀川下車、徒歩8分で南門
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約11km
駐車場 大徳寺駐車場(25台/有料)
問い合わせ 大徳寺・聚光院 TEL:075-492-6880
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
三大茶人

三大茶人とは!?

「侘び寂び」の千利休、「へいげもの」の古田織部、「綺麗さび」の小堀遠州が俗にいう三大茶人。信長、秀吉、家康と関わりながら、三千家の祖となった千利休、茶道織部流の祖の古田織部、そのふたりを受け継いだ遠州流茶道の祖、小堀遠州と、今に伝わる茶道の

大徳寺

京都屈指の規模を誇る禅寺、臨済宗大徳寺派の大本山が大徳寺。正和4年(1315年)に大燈国師宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)禅師が開創。室町時代には応仁の乱で荒廃しますが、一休宗純(いっきゅうそうじゅん)が堺の豪商らの協力で復興しています。

興臨院

大徳寺・興臨院

京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の大本山、大徳寺の塔頭(たっちゅう)が興臨院(こうりんいん)。大永年間(1521年~1528年)に、文人としても名高い能登の守護大名・畠山義総(はたけやまよしふさ)が建立。寺の名は義総の法名、興臨院殿

大徳寺・高桐院

大徳寺・高桐院

京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の大本山、大徳寺の塔頭(たっちゅう)のひとつが高桐院(こうとういん)。慶長7年(1602年)頃、千利休七哲の一人、細川忠興(ほそかわただおき)が父・細川幽斎(細川藤孝)の菩提を弔うために創建。方丈南庭

大徳寺・芳春院

大徳寺・芳春院

京都府京都市北区紫野にある臨済宗大徳寺派の大本山、大徳寺の塔頭(たっちゅう)が芳春院(ほうしゅんいん)。芳春院は、平成14年放送のNHK大河ドラマ『利家とまつ』のヒロイン、前田利家の夫人、松子の法名で、慶長13年(1608年)、松子(芳春院

大徳寺・三玄院

大徳寺・三玄院

京都府京都市北区、臨済宗大徳寺派の大本山・大徳寺の塔頭(たっちゅう)が三玄院(さんげんいん)。大徳寺本坊の西にあり、天正17年(1589年)、石田三成、浅野幸長(あさのよしなが)、森忠政(もりただまさ/森蘭丸の弟)による創建。石田三成、森忠

大徳寺・総見院

大徳寺・総見院

京都府京都市北区紫野(むらさきの)、臨済宗大徳寺派の大本山・大徳寺の塔頭(たっちゅう)が総見院。天正10年(1582年)、本能寺の変の100日後、大徳寺で信長の大葬礼が執り行なわれましたが、一周忌を前に、信長の菩提を弔うため羽柴秀吉が建立し

大徳寺・孤篷庵

大徳寺・孤篷庵

京都府京都市北区紫野(むらさきの)、臨済宗大徳寺派の大本山・大徳寺の塔頭(たっちゅう)が孤篷庵。大徳寺の西端に建つ庵で、庵号の「孤篷」は「一艘の苫舟」の意で、小堀遠州(小堀政一)の号。小堀遠州が江月宗玩(こうげつそうがん=津田宗及の子)を開

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ