大張沢尻棚田

大張沢尻棚田

宮城県丸森町下川張地区にある大張沢尻棚田は、「日本の棚田百選」のひとつ。5月中旬の田植えから、10月中旬の稲刈りまで、美しい稲作風景が広がります。江戸時代から昭和30年代にかけて開墾された総面積4.1ha、56枚の棚田(耕作されるのは27枚ほど)。水は天水・湧水に頼っています。現在では毎年約6トンを収穫しています。

「日本の棚田百選」選定の丸森町の棚田

大張沢尻棚田

下川張地区の農家7戸により 「大張沢尻棚田保全委員会」 が結成され、不整形な棚田で耕作が続けられていましたが、高齢化や過疎化により平成24年に解散。
現在では急勾配(平均勾配1/8)の土地を、数少ない農家が耕作しています。

令和元年には台風19号の被害を受け、その復旧などにも大変な労力が必要となり、存続が危ぶまれています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ