桂葉清水

桂葉清水

宮城県栗原市高清水にある湧水が桂葉清水(かつらはしみず)。その名の通り、桂の木の大木の根元から湧き出る湧水で、環境省の名水百選に選定されています。「高清水の七清水」(桂葉清水、清水権現清水、清水権現下清水、金剛院清水、本町裏清水、小山下清水、新町裏清水)と呼ばれるように、一帯は湧水地ですが一部は枯渇しています。

「高清水の七清水」を代表する湧水井戸

桂葉清水

地元では、「かつらっぱ」と呼ばれ親しまれている湧水で「高清水の七清水」を代表する清水。
旧高清水町出身の弁護士で歌人・中村徳重郎(なかむらとくじゅうろう)は、「桂葉の 清水を飲み継ぎ 郷人よ きよくゆたけく 世をし渡りぬ」という望郷の歌を残しています。

平成4年に公園として整備し、水質の定期調査、湧水井戸の清掃を毎月実施、環境が保たれています。

清水の湧く一帯ですが、周辺の環境整備が進むにつれ、湧出量が減少。
「高清水の七清水」でも清水権現清水、清水権現下清水、新町裏清水は枯渇して石碑が残るのみとなっています。

環境省の名水百選に選定される宮城県内の名水は、桂葉清水のほか仙台市を流れる広瀬川があります。

名称 桂葉清水/かつらはしみず
所在地 宮城県栗原市高清水長福寺24
関連HP 栗原市公式ホームページ
電車・バスで JR古川駅から市民バス古川線で25分、高清水下車、徒歩5分
ドライブで 東北自動車道長者原スマートICから約9km
駐車場 2台/無料
問い合わせ 栗原市商工観光部田園観光課 TEL:0228-22-1151
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
広瀬川

広瀬川

宮城県仙台市を流れる一級河川が広瀬川。昭和53年発売のヒット曲『青葉城恋唄』(作詞:星間船一、作曲:さとう宗幸)で、「杜の都・仙台」を流れる清流として一躍全国的にも有名な川になっています。山形県境の関山峠(仙台市青葉区)が源流で、仙台市街は

環境省「名水百選」 東北12名水

昭和60年3月に環境庁(現・環境省)が選定した「名水百選」(昭和の名水百選)。「保全状況が良好」で「地域住民等による保全活動がある」のが名水の条件で、東北6県からは各県仲良く2ヶ所ずつ合計12ヶ所の名水が選定されています。ブナの森に湧く水、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ