涛波岐崎(涛波岐埼灯台)

涛波岐崎(涛波岐埼灯台)

宮城県石巻市の網地島(あじしま)の南端に位置する岬が涛波岐崎(どわめきざき)。先端には紅白ツートンカラーの涛波岐埼灯台が建っています。石巻から網地島ラインの高速船で約1時間(鮎川港からなら10分)、長渡港から20分ほどで到達できるビューポイントで、金華山を一望にできます。

かつて椎名誠は、網地島を「どわめきの猫島」と表現

涛波岐崎(涛波岐埼灯台)

難読地名のため、ドワメキ崎と表記されることも多い岬で、地元では「ドミキ崎」と呼ばれています。
百目鬼(どうめき)、百々目鬼(どどめき)などと同様に波の轟く音に由来する地名だと推測できます。

かつては椎名誠(しいなまこと)が「どわめきの猫島」の「ドワメキ崎でどわめく」(新潮社『風のかなたのひみつ島』/椎名誠)ことで知られ、近年ではドワメキ崎の断崖が「東尋坊に匹敵する」とPRされて話題になっています。

網地島は、三陸復興国立公園に指定されることで自然が保護され、猫だけでなく、旅人ものんびりと過ごすことができます。

涛波岐埼灯台は、昭和41年11月初点灯。
塔高9.9mで、灯高(灯火部分の高さ)は32m、光達距離は12マイル(22.2km)あります。
赤白灯台なのは初夏を中心に海霧が多いから。

網地島は夏は網地白浜海水浴場の海水浴で賑わいますが、網地港なので、島の北端。
涛波岐崎までは徒歩で1時間20分ほどかかります。

涛波岐崎(涛波岐埼灯台)
名称 涛波岐崎(涛波岐埼灯台)/どわめきざき(どわめきざきとうだい)
所在地 宮城県石巻市長渡浜
電車・バスで 網地島ライン長渡港から徒歩20分
ドライブで 三陸自動車道石巻河南ICから約4.5kmで網地島ライン石巻中央発着所
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
網地島ライン石巻中央発着所

網地島ライン石巻中央発着所

宮城県石巻市中央1丁目にある石巻と田代島・網地島(あじしま)・鮎川を結ぶ網地島ラインの高速船の発着所が、網地島ライン石巻中央発着所。中央発着所〜門脇発着所〜田代島・大泊〜田代島・仁斗田〜網地島・網地〜網地島・長渡〜鮎川の航路にシーキャット、

網地白浜海水浴場

網地白浜海水浴場

宮城県石巻市の網地島(あじしま)の北岸、網地港にある白砂のビーチが、網地白浜海水浴場。石巻中央桟橋から、網地島ラインの高速船だと田代島経由となるため、所要は50分。鮎川港からなら25分の船旅です。例年7月下旬〜8月中旬頃に海水浴場がオープン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ