【初詣】三徳山三佛寺

国宝投入堂で知られる三徳山三佛寺。三朝温泉(みささおんせん)とともに日本遺産に登録される霊山で、「日本一危険な除夜の鐘」も話題です。鳥取県中部地震の影響で中止となっていましたが、2019年3月に整備を終え、4月1日に開山式も行なわれました。例年通り「とちもち雑煮」接待、初護摩供などもあり、大晦日から新年を力強く、迎えます!

大晦日には「とちもち雑煮」接待も!

大晦日から新年にかけては、『修正会』、『初護摩供』が執り行なわれ、そして初詣が可能です。『護摩供』のパワフルな雰囲気は、天台寺院ならではの迫力です。神仏混淆を今に伝える霊験な雰囲気も三徳山ならでは。

12月31日〜1月1日=「とちもち雑煮」接待
1月1日=初護摩供
1月1日〜3日=おとそ接待
 

三徳山三佛寺 DATA

所在地 鳥取県東伯郡三朝町三徳1010
関連HP 三徳山三佛寺公式ホームページ
電車・バスで JR倉吉駅から日ノ丸バス三徳山行きで33分、終点下車、徒歩10分で本堂
ドライブで 米子自動車道湯原ICから45km。中国自動車道院庄ICから64km
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:0858-43-2666
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ