世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」 百舌鳥古墳群構成資産 全23基

百舌鳥古墳群構成資産 全23基

世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」のうち、大阪府堺市にある百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)の構成資産は23基。日本最大の古墳である大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を中心に、その陪冢(ばいちょう)や周辺に築かれた帆立貝形古墳、方墳、円墳と4種の古墳を見学(おもに外観見学)することができます。

田出井山古墳(反正天皇陵)|たでいやまこふん(はんぜいてんのうりょう)

墳丘長:148m
墳形:前方後円墳
所在地:大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2丁
宮内庁の名称:百舌鳥耳原北陵(もずのみみはらのきたのみささぎ)=反正天皇陵
備考:河内、和泉、摂津の三国の境にあり、方位のない清地とされ方除祈願で知られる方違神社(ほうちがえじんじゃ)が北東角に鎮座
ニサンザイ古墳を反正天皇の天皇陵と考える説もあります

田出井山古墳(反正天皇陵)

堺市堺区北三国ヶ丘町にある巨大な前方後円墳で、百舌鳥古墳群の北端に位置する古墳が田出井山古墳。宮内庁により「百舌鳥耳原北陵(もずのみみはらのきたのみささぎ)」として第18代反正天皇(はんぜいてんのう)の陵に治定され反正天皇陵と呼ばれています

大仙陵古墳(仁徳天皇陵)|だいせんりょうこふん(にんとくてんのうりょう)

墳丘長:525m/国内最大・世界三大墳墓
墳形:前方後円墳
所在地:大阪府堺市堺区大仙町
宮内庁の名称:百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)=仁徳天皇陵
備考:考古学的にはミサンザイ古墳(履中天皇陵・5世紀前半)→大仙陵古墳(仁徳天皇陵・5世紀中頃)→田出井山古墳(反正天皇陵・5世紀中頃)の順に造られたことが推定されており、16代・仁徳天皇→17代・履中天皇→18代・反正天皇という在位順との矛盾も生まれ、ミサンザイ古墳を仁徳天皇陵と考える研究者もいますが『延喜式』の記述と一致せず、確定していません

大仙陵古墳(仁徳天皇陵)

大阪府堺市堺区大仙町にある日本最大の前方後円墳が大仙陵古墳(仁徳天皇陵)。百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)の古墳で、北に位置する田出井山古墳、ミサンザイ古墳とともに、「百舌鳥耳原三陵(もずのはらさんりょう)」と呼ばれています。5世紀中頃に作ら

茶山古墳|ちゃやまこふん

墳丘径:56m
墳形:円墳(大仙陵古墳の周濠の堤の上に築かれた特異な古墳)
所在地:大阪府堺市堺区大仙町
宮内庁の名称:仁徳天皇陵陪塚甲号
備考:貞享元年(1684年)に編纂された堺の地誌『堺鑑』に豊臣秀吉が鷹狩をした際、陵上に築いた仮居宅を、茶屋山と呼んだことに由来すると記載

茶山古墳

茶山古墳

大阪府堺市、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の後円部(北部)外側の第2堤(中堤)上から、外濠に張り出すように築かれている円墳が、茶山古墳(ちゃやまこふん)。周濠の堤の上に古墳が築かれる例は少なく、茶山古墳と大安寺山古墳以外にはありません。世界文化遺

大安寺山古墳

墳丘径:62m
墳形:円墳
所在地:大阪府堺市堺区大仙町7
宮内庁の名称:仁徳天皇陵陪塚乙号
備考:三重の濠が巡らされる大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の中堤と一体化して築かれている珍しい古墳(茶山古墳と同様)

大安寺山古墳

大安寺山古墳

大阪府堺市、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の後円部(北部)外側の第2堤(中堤)上から、外濠に張り出すように築かれている円墳が、大安寺山古墳(だいあんじやまこふん)。周濠の堤の上に古墳が築かれる例は少なく、大安寺山古墳と茶山古墳以外にはありません。

永山古墳|ながやまこふん

墳丘長:100m
墳形:前方後円墳
所在地:大阪府堺市堺区東永山園
宮内庁の名称:仁徳天皇陵陪冢(仁徳天皇陵陪塚と号飛地)
備考:大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の陪塚のような場所にありますが、規模が大きく、墳形も整っていることから、独立した古墳だと推測されています

永山古墳

永山古墳

大阪府堺市堺区、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)のすぐ北にある墳丘長100mという前方後円墳が、永山古墳(ながやまこふん)。百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)を構成する古墳で(百舌鳥古墳群では9番目という巨大古墳)、堺市の史跡、そして百舌鳥・古市古墳群

源右衛門山古墳|げんえもんやまこふん

墳丘径:34m(構築当初は48mほどだったと推測)
墳形:円墳
所在地:大阪府堺市堺区向陵西町4丁
宮内庁の名称:仁徳天皇陵陪塚ち号飛地
備考:墳丘の周囲には濠が巡らされていますが、周囲は住宅が取り囲み、埋没保存されています(古墳の西側と北側の道路が埋没保存された濠で、周濠外周を路面タイルに濠の位置を表示)

源右衛門山古墳

源右衛門山古墳

大阪府堺市堺区、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の周濠(外濠)の北東側、外濠に寄り添うように築かれた古墳が、源右衛門山古墳(げんえもんやまこふん)。現状で直径34mの円墳で、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の陪冢(ばいちょう)と推測され、世界文化遺産「百舌

塚廻古墳|つかまわりこふん

墳丘径:35m
墳形:円墳
所在地:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町1丁25
宮内庁の名称:治定なし(大仙陵古墳の陪冢と推測されていますが堺市が保有)
備考:大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の外濠東側にある古墳

塚廻古墳

塚廻古墳

大阪府堺市堺区、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の外濠東側にある円墳が、塚廻古墳(つかまわりこふん)。百舌鳥古墳群の1基で、大仙陵古墳の陪冢(ばいちょう)と推測されています。現在は堺市が保有し、国の史跡に。世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」の構成資

収塚古墳|おさめづかこふん

墳丘長:57.7m
墳形:帆立貝形古墳
所在地:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁149
宮内庁の名称:治定なし
備考:前方部は削平されているため、現状では円墳のような形状
大仙陵古墳の陪冢(ばいちょう)だと推測されますが、宮内庁の指定はありません

収塚古墳

収塚古墳

大阪府堺市堺区、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)・外濠の東南角に築かれた5世紀中頃の帆立貝形古墳が、収塚古墳(おさめづかこふん)。百舌鳥古墳群を構成する古墳のひとつで、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」の構成資産で、大仙陵古墳の陪冢(ばいちょう)だ

孫太夫山古墳(まごだゆうやまこふん)

墳丘長:65m
墳形:帆立貝形古墳
所在地:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁
宮内庁の名称:仁徳天皇陵陪塚い号飛地(後円部墳丘のみ指定)
備考:江戸時代に中筋村庄屋・南孫太夫が保有した土地だったことに由来する名称
後円部のみ宮内庁が管理するためとして立ち入りが禁じられ、修造された前方部と周濠は堺市が管理(前方部と周濠は堺市の史跡)

孫太夫山古墳

孫太夫山古墳

大阪府堺市堺区の大仙公園内にある5世紀前半(古墳時代中期)築造の帆立貝形古墳が、孫太夫山古墳(まごだゆうやまこふん)。大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の陪塚(ばいちょう=親族、臣下を埋葬した古墳)とされ、百舌鳥古墳群を構成する古墳で、世界文化遺産「

竜佐山古墳

墳丘長:61m
墳形:帆立貝形古墳
所在地:大阪府堺市堺区大仙中町(大仙公園内)
宮内庁の名称:仁徳天皇陵陪塚ろ号飛地
備考:大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の周囲に巡らされる外濠の南側、外濠に並行して築造

竜佐山古墳

竜佐山古墳

大阪府堺市堺区の大仙公園内にある5世紀中頃(古墳時代中期)築造の帆立貝形古墳が、竜佐山古墳(たつさやまこふん)。大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の陪塚(ばいちょう=親族、臣下を埋葬した古墳)で、百舌鳥古墳群を構成。世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」

銅亀山古墳|どうがめやまこふん

墳丘長:1辺26m
墳形:方墳
所在地:大阪府堺市堺区大仙町6-26
宮内庁の名称:仁徳天皇陵に号飛地
備考:大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の前方部西側の外濠から20mほどという近接した古墳

銅亀山古墳

銅亀山古墳

大阪府堺市堺区、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の外濠の南西側に築かれた方墳が、銅亀山古墳(どうがめやまこふん)。百舌鳥古墳群の1基で、大仙陵古墳の陪冢(ばいちょう)とされ、宮内庁が「仁徳天皇陵に号飛地」として管理。世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群

菰山塚古墳|こもやまづかこふん

墳丘長:33m(現存部分)
墳形:帆立貝形古墳
所在地:大阪府堺市堺区南丸保園2-4
宮内庁の名称:仁徳陵古墳陪冢ち号飛地
備考:現在は住宅に取り囲まれた円墳状の墳丘が残るのみ

菰山塚古墳

菰山塚古墳

大阪府堺市堺区、日本最大の古墳である大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の後円部西、外濠から100mほど離れた場所に築かれた帆立貝形古墳(現存する墳丘長33m)が、菰山塚古墳(こもやまづかこふん)。百舌鳥古墳群の1基で、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群

丸保山古墳|まるほやまこふん

墳丘長:87m
墳形:帆立貝形古墳
所在地:大阪府堺市堺区北丸保園
宮内庁の名称:仁徳天皇陵陪冢(仁徳天皇陵陪塚へ号飛地)
備考:帆立貝形古墳(前方部の短い前方後円形の古墳)としては百舌鳥古墳群で最大の規模を誇る古墳

丸保山古墳

丸保山古墳

大阪府堺市堺区、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)のすぐ横にある墳丘長87mという帆立貝形古墳が、丸保山古墳(まるほやまこふん)。百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)を構成する古墳で(百舌鳥古墳群では10番目という巨大古墳)、国の史跡、そして百舌鳥・古市古

長塚古墳|ながつかこふん

墳丘長:106m
墳形:前方後円墳
所在地:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁
宮内庁の名称:治定なし
備考:大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の陪塚のような場所にありますが、規模が大きく、墳形も整っていることから、独立した古墳だと推測されています

長塚古墳

長塚古墳

大阪府堺市堺区、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の南にある墳丘長106mという前方後円墳が、長塚古墳。百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)を構成する古墳で(百舌鳥古墳群では8番目という巨大古墳)、国の史跡、そして百舌鳥・古市古墳群として世界文化遺産に登録

旗塚古墳|はたづかこふん

墳丘長:57.9m
墳形:帆立貝形古墳
所在地:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町3丁
宮内庁の名称:治定なし
備考:大仙公園内にある古墳で、百舌鳥古墳群の中央部に位置しています

旗塚古墳

旗塚古墳

大阪府堺市堺区、大仙公園内にある帆立貝形古墳が、旗塚古墳(はたづかこふん)。大仙陵古墳(仁徳天皇陵)と上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)の間、百舌鳥古墳群の中央部にあり、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」の構成資産になっています。大仙公園に

銭塚古墳|ぜにづかこふん

墳丘長:72m
墳形:帆立貝形古墳
所在地:大阪府堺市堺区東上野芝町1丁(大阪府立堺支援学校)
宮内庁の名称:治定なし
備考:大阪府立堺支援学校敷地内にあるため、見学は不可

銭塚古墳

銭塚古墳

大阪府堺市堺区、大仙公園の南、いたすけ古墳の北西、大阪府立堺支援学校敷地内にある帆立貝形古墳が、銭塚古墳(ぜにづかこふん)。墳丘は後円部2段目上方と前方部が削平され、扁平な円墳のような形状です。世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」の構成資産で

上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)|かみいしづみさんざいこふん(りゆうてんのうりょう)

墳丘長:365m/国内第3位
墳形:前方後円墳
所在地:大阪府堺市西区石津ヶ丘
宮内庁の名称:百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)=履中天皇陵
備考:大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)よりも古くに造られたことが判明
築造されたのは5世紀初頭で、第15代・応神天皇ー第16代・仁徳天皇ー第17代・履中天皇で、仁徳天皇の第一皇子が履中天皇ということから考えれば、大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)と上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)が築かれた年代が逆転することになるため、被葬者は定かでありません

上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)

大阪府堺市西区石津ヶ丘にある百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)のひとつで国内第3位の規模を誇る前方後円墳が上石津ミサンザイ古墳。宮内庁により「百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)」として第17代履中天皇(りちゅうてんのう)の陵に治

寺山南山古墳|てらやまみなみやまこふん

墳丘長:長辺44.7m
墳形:方墳
所在地:大阪府堺市西区上野芝町1丁1
宮内庁の名称:治定なし
備考:周濠の一部が上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)の外濠と重なり、さらには上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)後円部の中心から放射状に延ばした直線に墳丘主軸線を沿わせて造られています(濠は埋没保存)

寺山南山古墳

寺山南山古墳

大阪府堺市西区、上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)の北側、大仙公園の南に位置するのが、寺山南山古墳(てらやまみなみやまこふん)。上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)外濠に接して築かれた方墳で、百舌鳥古墳群の1基。さらには世界遺産「百舌鳥・古市

七観音古墳|しちかんのんこふん

墳丘径:32.5m
墳形:円墳
所在地:大阪府堺市堺区旭ヶ丘中町4丁7−14(大仙公園)
宮内庁の名称:治定なし
備考:大仙公園の西端、上石津ミサンザイ古墳の後円部周濠の北側に位置する、その陪冢

七観音古墳

七観音古墳

大阪府堺市堺区、大仙公園の公園内にある円墳が、七観音古墳。上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)の外周部分にあたる大仙公園の南出入口にあり、上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)の陪冢(ばいちょう)と推測できる古墳です。世界遺産「百舌鳥・古市古墳群

いたすけ古墳

墳丘長:146m
墳形:大阪府堺市北区百舌鳥本町3丁338番地外
所在地:大阪府堺市北区百舌鳥本町3丁
宮内庁の名称:治定なし
備考:築造は、5世紀前半と推測されていますが、被葬者は定かでありません

いたすけ古墳

いたすけ古墳

大阪府堺市北区にある墳丘長146mという巨大な前方後円墳が、いたすけ古墳。百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)を構成する古墳で(百舌鳥古墳群では7番目という巨大古墳)、国の史跡、そして百舌鳥・古市古墳群として世界文化遺産に登録されています。市民運

善右ヱ門山古墳|ぜんえもんやまこふん

墳丘長:一辺28m(墳丘の上部は改変を受けており、一辺の長さも推定値)
墳形:方墳
所在地:大阪府堺市北区百舌鳥本町3丁431
宮内庁の名称:治定なし
備考:いたすけ古墳の陪冢で個人所有の古墳
いたすけ古墳の陪塚は数基あったとされていますが、私有地であったため土取と住宅造成のため破壊され、善右ヱ門古墳のみが住宅地の中に現存

善右ヱ門山古墳

善右ヱ門山古墳

大阪府堺市北区、いたすけ古墳後円部南東、いたすけ古墳の濠・外堤に接して造られた方墳が、善右ヱ門山古墳(ぜんえもんやまこふん)。百舌鳥古墳群の1基で、いたすけ古墳の陪冢(ばいちょう)と推測でき、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」の構成資産にも

御廟山古墳|ごびょうやまこふん

墳丘長:203m
墳形:前方後円墳
所在地:大阪府堺市北区百舌鳥本町1丁
宮内庁の名称:百舌鳥陵墓参考地(被葬候補者:第15代応神天皇)
備考:築造時は二重の周濠をもつ古墳でしたが、外側は市街化で失われています

御廟山古墳

御廟山古墳

大阪府堺市北区にある墳丘長203mという巨大な前方後円墳が、御廟山古墳(ごびょうやまこふん)。百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)を構成する古墳で(百舌鳥古墳群では4番目、国内でも35位という巨大古墳)、国の史跡(内濠のみ)、そして百舌鳥・古市古

ニサンザイ古墳

墳丘長:300m/国内第7位
墳形:前方後円墳
所在地:大阪府堺市北区百舌鳥西之町3丁
宮内庁の名称:東百舌鳥陵墓参考地(被葬候補者:第18代反正天皇の空墓)
備考:百舌鳥古墳群の田出井山古墳が反正天皇陵に比定していますが、墳丘長148mと百舌鳥古墳群では7番目の規模であることから、その4倍の規模があるニサンザイ古墳が反正天皇陵とする説もあります

ニサンザイ古墳

ニサンザイ古墳

大阪府堺市の百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)の前方部を西に向けた大型の前方後円墳がニサンザイ古墳(土師ニサンザイ古墳)。日本最大の前方後円墳である大仙陵古墳(仁徳天皇陵)と第3位の上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)のある百舌鳥古墳群ですが、ニ

世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」 百舌鳥古墳群構成資産 全23基
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
古市古墳群の巨大古墳

古市古墳群の巨大古墳 BEST7

「百舌鳥・古市古墳群」として世界文化遺産に登録される古市古墳群。古代日本の政治文化の中心地のひとつで、大陸への玄関口・難波津を控えた大阪平野に築かれたヤマト王権の大王たちの墓。BEST7のうち6基は200mを超える巨大古墳です。誉田御廟山古

百舌鳥古墳群の巨大古墳 BEST10

百舌鳥古墳群の巨大古墳 BEST10

世界文化遺産に登録される「百舌鳥・古市古墳群」のうち、百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)は、市内の東西・南北4kmの範囲に広がる古墳群。日本最大の古墳である大仙陵古墳を筆頭に、44基の古墳が残存していますが、そのうち巨大古墳BEST10を紹介し

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ