上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)

大阪府堺市西区石津ヶ丘にある百舌鳥古墳群(もずこふんぐん)のひとつで国内第3位の規模を誇る前方後円墳が上石津ミサンザイ古墳。宮内庁により「百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)」として第17代履中天皇(りちゅうてんのう)の陵に治定され、履中天皇陵と呼ばれています(実際の被葬者は不明です)。

「ミサンザイ」とは、陵(みささぎ=天皇陵)のこと

国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

墳丘長365m(後円部直径205m・高さ27.6m、前方部幅235m・高さ25.3m)という巨大な古墳で、3段になっていて、西側のくびれ部には造出しが築かれています。
現在、周濠は一重ですが、幅10mほどの二重目の濠があったことが確認されていますが、周辺の都市化とともに判然としません。

ミサンザイ古墳の「ミサンザイ」とは、陵(みささぎ=天皇陵)が転訛したもの。
さらに上石津は泉北郡神石村上石津(現・堺市西区石津ヶ丘)という地域の名前です。

従者や親族、副葬品を埋葬する陪塚は、10基以上あったことが判明。
そのなかの七観山古墳は出土資料などから、大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)よりも古くに造られたことが判明しています。
第15代・応神天皇ー第16代・仁徳天皇ー第17代・履中天皇で、仁徳天皇の第一皇子が履中天皇ということから考えれば、大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)と上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)が築かれた年代が逆転することになるため、被葬者は定かでないことになります。

大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を含む百舌鳥古墳群、誉田御廟山古墳(応神天皇陵)を含む古市古墳群が世界遺産の国内暫定リストで、世界遺産の2019年登録審査候補になっています。

上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵) DATA

名称 上石津ミサンザイ古墳(履中天皇陵)/かみいしづがみさんざいこふん(りちゅうてんのうりょう)
所在地 大阪府堺市西区石津ヶ丘
関連HP 堺市公式ホームページ
電車・バスで JR阪和線上野芝駅から徒歩5分
ドライブで 阪神高速15号堺線堺出口から約3km
駐車場 大仙公園上野芝地区駐車場(149台/有料)
問い合わせ 堺市文化観光局博物館学芸課
TEL:072-245-6201/FAX:072-245-6263
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

田出井山古墳(反正天皇陵)

2017.11.18

堺市役所21階展望ロビー

2017.11.18

大仙陵古墳(仁徳天皇陵)

2017.11.18

誉田御廟山古墳(応神天皇陵)

2017.11.18
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ