鈴蘭高原展望台

鈴蘭高原展望台

岐阜県高山市、鈴蘭スカイラインと呼ばれる岐阜県道441号(濁河温泉線)から鈴蘭峠を越えた別荘地内にある展望台が鈴蘭高原展望台。絶景の割に、穴場の展望台で、晴れた日には、穂高連峰、乗鞍岳から御嶽山までを一望にする絶景の地。すずらん群生地があるのが鈴蘭高原の名の由来です。

展望台からは右に御嶽山、左に乗鞍岳を眺望

鈴蘭高原展望台
鈴蘭高原展望台から眺める御嶽山の勇姿

鈴蘭高原の巨大な石碑が立つのが鈴蘭高原展望台で、標高は1330mほど。
東に突き出した尾根部分で、カーブの突端にあるため、北東に乗鞍岳(3025.7m)、ほぼ真東に野麦峠、南東に御嶽山という位置関係に。
ご来光スポットとしても知られ、初日の出は御嶽山の左側から太陽が上ります。
御嶽山は、左から継子岳(標高2859.1m)、摩利支天山(標高2959.5m)、剣ヶ峰(3067m)、継母岳(2867m)が並びます。

秋の放射冷却する朝には、放射霧、盆地霧と呼ばれる雲海も期待でき、雲海に浮かぶ御嶽山は地元カメラマンの人気被写体のひとつ。

一帯は御嶽鈴蘭高原開発の別荘地になっていて、宿泊は貸別荘やペンションが利用できます。

鈴蘭高原展望台
乗鞍岳右肩から昇るご来光
鈴蘭高原展望台
名称 鈴蘭高原展望台/すずらんこうげんてんぼうだい
所在地 岐阜県高山市朝日町西洞
電車・バスで JR飛騨小坂駅、または、JR久々野駅からタクシーで30分
ドライブで 中部縦貫道高山ICから約39km
駐車場 5台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ