白鳥温泉地獄

白鳥温泉地獄

宮崎県えびの市、白鳥温泉上湯(しらとりおんせんかみゆ)背後の山中にある、白鳥温泉の源泉地帯が白鳥温泉地獄。その名の通り、現在も噴気を上げる「地獄」で、近くには天然の蒸気を利用した蒸し風呂なども用意されています。白鳥温泉上湯は、西郷隆盛も湯治に訪れた一軒宿の温泉で、展望露天風呂からは加久藤盆地を一望にします。

霧島火山帯宮崎県側で唯一の地獄地帯

現在も活発な火山活動を展開する霧島火山帯ですが、鹿児島県側(南西斜面)には温泉地熱地帯が、宮崎県側(北東斜面)には湧水地帯が多くあります。
えびの高原を除き、その唯一の例外が白鳥温泉地獄。
白鳥温泉地獄は、白鳥温泉上湯敷地内の、遊歩道を5分ほど歩いて到達するので、白鳥温泉上湯宿泊、もしくは日帰り入浴とセットで探勝を。

宮崎県内に位置する霧島火山帯で、火山活動が残るのは、この白鳥温泉地獄だけで、山麓の京町温泉郷にかけては、平地にしては珍しい温泉地帯になっているのです。

名称 白鳥温泉地獄/しらとりおんせんじごく
所在地 宮崎県えびの市末永
関連HP えびの市公式ホームページ
ドライブで 九州自動車道えびのICから約12km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 白鳥温泉上湯 TEL:0984-33-1104
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
西郷隆盛文学碑(白鳥温泉上湯)

西郷隆盛文学碑(白鳥温泉上湯)

宮崎県えびの市にある白鳥温泉上湯は、征韓論に敗れた西郷隆盛が湯治に訪れ、明治7年7月〜10月の間逗留。加久藤カルデラを起源とする加久藤盆地を眺望する宮崎県道30号線えびの高原小田線・霧島バードライ沿いにある道の泉白鳥には、西郷隆盛の漢詩碑を

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ