祇園神社(日南市)

祇園神社(日南市)

宮崎県日南市、油津を流れる広渡川の河口の海蝕洞に鎮座する神社が祇園神社。洞窟の奥ということで、その神秘的な空間がSNSなどで話題を呼んでいます。神社の創建は比較的に新しく、大正13年のこと。宮崎鉄道(現在の宮崎交通)管理所長の星野寅二が建立したもの(現地案内板)。

洞窟内に素蓋鳴命、稲田姫命が祀られる

祭神は素蓋鳴命(すさのおのみこと)、稲田姫命(くしなだひめのみこと)。
多数の石工を使って創建しているので、洞窟もかなり人工的に築かれているのかもしれません。

祇園公園入口に公衆トイレのある駐車場があるので、車をそこに停めて参拝を。

祇園神社(日南市)
名称 祇園神社(日南市)/ぎおんじんじゃ(にちなんし)
所在地 宮崎県日南市梅ケ浜1-8
電車・バスで JR油津駅から徒歩20分
ドライブで 東九州自動車道日南東郷ICから約5km
駐車場 2台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ