金峯山寺・黒門

金峯山寺・黒門

奈良県吉野郡吉野町、吉野山の吉野大峯ケーブル吉野山駅に近い下千本にある金峯山寺の総門が、黒門。城の入口を守る高麗門のようなスタイルで、かつては公家大名でもこの門からは槍を伏せ馬を下りて通行したという門です。現存する黒門は昭和60年の改築。

金峯山寺の総門

金峯山は、吉野山から大峯山に至る峰続き指す言葉なので、黒門は吉野山全体、さらには熊野本宮を結ぶ大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)の総門といえる存在です。
高麗門は16世紀末に誕生した近世的な簡素な門の様式。

大峯奥駈道は、熊野本宮から大峰山を経て吉野山に向かうのを順峯(じゅんぷ)、逆に吉野山から熊野本宮に向かうのが逆峯(ぎゃくふ)と呼ばれ、逆峯では、行者が大峰山寺に参拝するまでに、発心門、修行門、等覚門、妙覚門の4つの門をくぐりました。
発心門にあたるのが銅の鳥居(かねのとりい)、修行門が金峯神社鳥居、金峯神社から大峰山までの参拝の道中が等覚門、大峰山寺の山門が妙覚門で、黒門はそれに数えられない総門の扱い。

金峯山寺・黒門
名称 金峯山寺・黒門/きんぷせんじ・くろもん
所在地 奈良県吉野郡吉野町吉野山
関連HP 金峯山寺公式ホームページ
電車・バスで 近鉄吉野線吉野駅から徒歩40分。または、ロープウェイ吉野山駅から徒歩10分
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから約34km
駐車場 下千本駐車場(100台/観桜期は有料)
問い合わせ 金峯山寺 TEL:0746−32−8371/FAX:0746−32−4563
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
吉野山・下千本

吉野山・下千本

吉野山の玄関口にある広大な駐車場、下千本駐車場周辺の桜が下千本。吉野山では最初に開花するエリアで、吉野の春はこの下千本から始まります。近鉄吉野駅から七曲坂を歩いて上がると20分ほどで吉野山・下千本に到達します。嵐山の桜、関屋桜、千本桜、花園

銅の鳥居

金峯山寺・銅の鳥居

宮島の朱丹の大鳥居(重要文化財)、四天王寺の石の鳥居(重要文化財)と並んで「日本三大鳥居」に数えられるのが吉野山金峯山寺(きんぷせんじ)の銅の鳥居(かねのとりい)。銅製で、高さ7.5m。こちらも国の重要文化財。鋳銅製の円筒や箱形の部材を組み

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ