宇陀松山城・春日門跡

宇陀松山城・春日門跡

宇陀松山城(「続日本100名城」選定)は、奈良県宇陀市にあった中世の山城。城下町は、宇陀松山伝統的建造物群保存地区となっています。その松山城下町の出入口にあたる西口関門(黒門)から続く大手筋正面に位置するのが春日門。町人町と、屋敷町を分ける門でもあり、大手門として機能していました。

宇陀松山城の玄関口、大手門の跡

春日門という名は春日神社の入口(参道)に位置するため。
門は現存しませんが、虎口を固めた両脇の櫓台の石垣は現存。
春日門の築造は16世紀末〜17世紀初頭で、現存する櫓台は、17世紀後半の織田家宇陀松山藩時代の向屋敷・上屋敷造営に伴う再構築であることがわかっています。

往時には、西口関門から大手筋を歩くと、春日門東櫓がそびえ立っていたと推測できます。
 

宇陀松山城・春日門跡 DATA

名称 宇陀松山城・春日門跡/うだまつやまじょう・かすがもんあと
所在地 奈良県宇陀市大宇陀春日59
関連HP 宇陀市公式ホームページ
電車・バスで 近鉄榛原駅から奈良交通バス大宇陀行き20分、終点下車、徒歩10分
ドライブで 西名阪自動車道天理ICから約30km
駐車場 道の駅宇陀路大宇陀駐車場を利用
問い合わせ 農林商工部商工観光課 TEL:0745-82-2457/FAX:0745-82-8211
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

宇陀市松山伝統的建造物群保存地区

2018.09.25

松山西口関門

2018.09.25

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ