慶恩寺

慶恩寺

奈良県宇陀市大宇陀春日にある浄土宗鎮西派の寺が、慶恩寺(けいおんじ)。吉野山に南朝の皇居が築かれた南北朝時代、宇陀松山城(当時の名称は秋山城)を築いた秋山氏の菩提寺。寺伝によれば695年(持統天皇9年)創建という古刹で、安政年間(1854年〜1860年)の火災で往時の建物を失っています。

秋山城主・秋山氏の菩提寺

695年(持統天皇9年)、吾城(宇陀市大宇陀付近、万葉集の阿騎野)の行宮(行幸時の宮殿)を賜って創建したと伝わる古刹で、文治2年(1186年)、奈良大仏殿再建の際には、俊乗坊重源が伽藍指図の5分の1で、寺の伽藍を建築(試作)したと伝えられています。

天正13年(1585年)、豊臣秀長(とよとみひでなが=豊臣秀吉の異父弟)の大和郡山入部に伴い秋山氏は宇陀から伊賀へと退去しています。
江戸時代の初め、宇陀郡は織田信雄(おだのぶかつ=織田信長の次男)・高長・長頼・信武の4代が80年にわたり宇陀松山藩の藩主となり治世を行なっていますが、慶恩寺の南側が織田家の上屋敷だった地。

本尊は快慶作という阿弥陀如来。

慶恩寺
名称 慶恩寺/けいおんじ
所在地 奈良県宇陀市大宇陀春日262
電車・バスで 榛原駅から奈良交通バス大宇陀行きで13分、五十軒下車、徒歩7分
ドライブで 西名阪自動車道天理ICから約25km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 慶恩寺 TEL:0745-83-0122
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
宇陀松山城

宇陀松山城

奈良県宇陀市にある山城の跡が、宇陀松山城(うだまつやまじょう)。南北朝時代に築城され、江戸時代初期の元和の一国一城令で廃城になった城で、城下町は宇陀市松山伝統的建造物群保存地区に選定され、「森野旧薬園」などがあります。国の史跡に指定されるほ

森野吉野葛本舗

森野吉野葛本舗

奈良県宇陀市大宇陀区にある歴史ある吉野葛の製造販売元が森野吉野葛本舗。奈良県吉野地方の名産が、吉野葛(よしのくず)。根から良質のでんぷんがとれる葛を粉にしたものが葛粉だが、森野の吉野本葛は、とくに野生の葛根のみを原料にし、冬の冷たい地下水の

宇陀松山城

宇陀松山城

奈良県宇陀市にある山城の跡が、宇陀松山城(うだまつやまじょう)。南北朝時代に築城され、江戸時代初期の元和の一国一城令で廃城になった城で、城下町は宇陀市松山伝統的建造物群保存地区に選定され、「森野旧薬園」などがあります。国の史跡に指定されるほ

宇陀松山城・春日門跡

宇陀松山城・春日門跡

宇陀松山城(「続日本100名城」選定)は、奈良県宇陀市にあった中世の山城。城下町は、宇陀松山伝統的建造物群保存地区となっています。その松山城下町の出入口にあたる西口関門(黒門)から続く大手筋正面に位置するのが春日門。町人町と、屋敷町を分ける

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ