室堂ターミナル

室堂ターミナル

富山県立山町の立山駅(立山ケーブル)と長野県大町市の扇沢駅(関電トンネル)を結び、北アルプスの後立山連峰(うしろたてやまれんぽう)と立山連峰を貫く山岳観光ルートが立山黒部アルペンルート。その最高所、立山(標高3015m)の山上、室堂平(標高2450m)に位置するのが室堂ターミナルです。

高原バスと立山トンネルトロリーバスの乗り換えターミナル

室堂平・天狗平Photo Map

室堂平・天狗平Photo Map

立山黒部アルペンルートの最高所、そして立山三山(主峰・雄山、大汝山、富士の折立)を見上げる絶景の地が室堂平です。

富山側から登る場合は、立山駅から立山ケーブルで美女平へ。
さらに美女平から室堂平(室堂ターミナル)へは立山高原バスを利用します。

室堂ターミナルでは、立山トンネルトロリーバスに接続し、立山の主峰・雄山の山頂直下をトンネルで抜け、黒部峡谷側の断崖に位置する大観峰へと向かうことができます。

逆に、長野県大町側からアプローチすれば、関電トンネルで黒部ダムへ、さらにダムの堰堤上を歩いて黒部ダム駅に。
黒部ダム駅から黒部ケーブル(地下ケーブル)で黒部平駅へ。
黒部平駅から立山ロープウェイで大観峰駅へ。
大観峰駅から立山トンネルトロリーバスで室堂ターミナルへという乗り継ぎの連続で、アルペンルートの核心部に到達します。

室堂ターミナルは、実は立山トンネルトロリーバス(Tateyama Tunnel Trolleybus)が、「無軌条電車」(むきじょうでんしゃ)と呼ばれ、鉄道事業法における鉄道事業に認定されるため、日本最高所の鉄道駅にもなっているのです。

室堂ターミナルを起点に「雪の大谷」やミクリガ池散策を楽しもう!

室堂ターミナル

アルペンルート開通直後の室堂ターミナル

雄山神社本社旧拝殿

雄山神社本社旧拝殿展示室(雄山山頂の社殿を移設)

1階のターミナル部分(立山高原バス、立山トンネルトロリーバスの乗り場)フロアには、そばコーナー(ホテル立山直営)、山頂郵便局、売店、待合室などがあります。

ターミナルの上層階は日本最高所のホテルである「ホテル立山」。
「レストラン立山」、「ティーラウンジりんどう」は外来利用も可能です。

また屋上は展望台で、近くには立山トンネルの破砕帯(はさいたい=北アルプス造山の断層運動で生まれた岩が細かく割れ、地下水を溜め込んだ軟弱な地層で、立山トンネルの中で青いライトで照らされた部分)から湧き出す「立山玉殿の湧水」(硬度17mg/Lの軟水)の給水場もあります。

また、屋上展望台の入口からさらに階段を上ると、雄山神社本社旧社殿の展示室もあるので、時間があれば寄り道を。

室堂ターミナルを起点に、「神の庭」と呼ばれたみくりが池、そして日本最高所の「みくりが池温泉」(日帰り入浴、食事も可能)、ミドリガ池を周回する「みくりが池周回コース」は徒歩1時間ほどの所要。
夏山でも雷など天気の急変には注意が必要です。

4月15日の全線開通時〜6月下旬までは室堂ターミナルを起点に「雪の大谷ウォーク」を楽しむことができます。
 

室堂ターミナル DATA

名称 室堂ターミナル/むろどうたーみなる
所在地 富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
関連HP 立山黒部アルペンルート公式ホームページ
電車・バスで 富山地方鉄道立山駅から立山黒部アルペンルート利用
ドライブで 北陸自動車道立山ICから約25kmで立山駅駐車場
長野自動車道安曇野ICから約40kmで扇沢駐車場
駐車場 立山駅駐車場(900台/無料、混雑時は臨時駐車場を600台/無料を開設)
扇沢駐車場(350台/有料、230台/無料、混雑時は臨時駐車場を600台〜800台/有料を開設)
問い合わせ 立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド TEL:076-432-2819
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

取材協力/富山県観光振興室、ホテル立山、立山黒部貫光

ホテル立山に泊まって、大観峰でご来光!

2018.08.08

日本最高所の「駅そば」は、標高2450mの高所にあった!

2018.04.30

立山黒部アルペンルート「雪の大谷」を楽しむ裏技とは!?

2018.04.29

立山黒部アルペンルート開通/雪の大谷(雪の回廊)

2018.03.25

立山(雄山)

2017.07.30
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ