法隆寺・東室

東室(ひがしむろ)は、法隆寺・西院伽藍の東側にある僧坊で、『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』に記される4棟の僧坊のひとつ。奈良時代、伽藍中枢部に続いての建立と推測できますが、礎石や柱にはさらに古い転用材が用いられ、こちらは法隆寺創建時代にまでさかのぼる可能性があり、国宝となっています。

僧坊の北側6房分が僧坊として現存

1121(保安2)年の再建時に南端3房分を聖徳太子像を祀る堂に改変し、さらに1284(弘安7)年に南側を聖霊院と改めたもの。
つまり、現在の東室は、かつての僧坊の北側6房分です。
僧坊は、僧侶が生活を送る居住空間で、9房に8〜9人の僧侶が生活していました。

1377(永和3)年に、さらに改築されており、現在の姿はその当時のものに整備復原されています。

法隆寺・東室 DATA

名称 法隆寺・東室/ほうりゅうじ・ひがしむろ
Horyuji Temple,Higashimuro(worship hall and priests’ cells)
所在地 奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
関連HP 法隆寺公式ホームページ
電車・バスで JR法隆寺駅から徒歩20分。または奈良交通バス法隆寺門前行きで8分、終点下車すぐ。あるいは、近鉄橿原線筒井駅から奈良交通バス王寺駅行きで12分、法隆寺前下車、徒歩5分
ドライブで 西名阪自動車道法隆寺ICから約2.5km
駐車場 法隆寺観光自動車駐車場(20台/有料)
問い合わせ TEL:0745-75-2555
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ