みなとぴあ新潟市歴史博物館

信濃川・新潟西港に面して建つ歴史博物館が「みなとぴあ新潟市歴史博物館」。新潟は北前船の寄港する湊町で、全国各地の物産や文化の集散地でした。湊から河川を使って物資は流通し、江戸時代には商業基地として大いに繁栄したのです。明治の開港以降の発展を含め、新潟市の歴史を俯瞰できるミュージアムです。

北前船から開港へ、新潟市の歴史を学ぶならここへ!

1858(安政5)年の日米修好通商条約で、新潟港は箱館(函館)、神奈川(横浜)、神戸、長崎とともに日本海側で唯一、開港地となり、以来国際貿易港として発展してきました。

「みなとぴあ新潟市歴史博物館」は、そんな新潟市の歴史を詳しく解説した博物館で、2代目新潟市庁舎(明治44年完成、昭和8年焼失)の外観(外装は木造モルタル仕上げ)をモチーフにした本館のほかに開港の面影を伝える最古の税関庁舎「旧新潟税関庁舎」(国の重要文化財)、昭和初期の重厚な銀行建築「旧第四銀行住吉町支店」が併設施設として見学が可能です。

博物館本館2階の常設展示室では、新潟の歴史を、「郷土の水と人々の歩み」をテーマにして解説。
夜間には、敷地内の旧新潟税関庁舎・旧第四銀行住吉町支店・石庫・本館がライトアップされ、デートや散策にも絶好。
博物館敷地のうち、史跡部分以外については、夜間も自由に入場できます。

ちなみに博物館本館脇の四間堀は、大正期の西堀をイメージしたもの。
江戸時代になって洪水のために信濃川の流路が変化し、1655(明暦元)年に新たに上流に移転した町割りを行ない、都市の動脈ともいえる西堀、東堀が造られました。

昭和30年の新潟大火を契機に、昭和39年開催の新潟国体頃までに堀は埋め立てられてしまいました。
往時の新潟市は「水の都」だったのです。


 

みなとぴあ新潟市歴史博物館 DATA

名称 みなとぴあ新潟市歴史博物館/みなとぴあにいがたしれきしはくぶつかん
所在地 新潟県新潟市中央区柳島町2-10
公式HP http://www.nchm.jp/
電車・バスで JR新潟駅万代口バスターミナルから新潟交通バス昭和大橋・入船町行きで25分、歴史博物館前下車。または朱鷺メッセ先回りコースで15分、歴史博物館前下車
ドライブで 日本海東北自動車道新潟亀田ICから約8.7km(19分)
駐車場 60台/無料
問い合わせ TEL:025-225-6111/FAX:025-225-6130
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

旧第四銀行住吉町支店

2017.08.01

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ