琴平駅

琴平駅

香川県仲多度郡琴平町にあるJR土讃線(どさんせん)の駅が琴平駅。明治22年5月23日、讃岐鉄道の駅として開業した歴史ある駅で、国有化された後、大正11年11月、阿波池田方面への延伸のため現在地に移転しています。現存する駅舎は大正11年築で、経済産業省の近代化産業遺産にも認定されています。

国の登録有形文化財に指定のレトロな駅舎

平成29年に駅舎改修工事が行なわれ、往時の外観に復元、観光列車四国まんなか千年ものがたり専用の待合室が設置されています。
特急列車を含む全定期列車が停車。

金刀比羅宮を向いて建つ木造平屋建ての本屋(待合室の正面中央に切妻の車寄がある豪華なつくり)、陳列所一号(団体旅客用の旅客上屋三号)、プラットホーム上の旅客上屋一号・旅客上屋二号(ともに大正11年の建築当初は県内最大規模を誇った長大な旅客上屋)、乗換跨線橋(本屋と島式の両プラットホームを連絡)が国の登録有形文化財。

「全国に遍く人と物を運び産業近代化に貢献した鉄道施設の歩みを物語る近代化産業遺産群」として経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。

接近メロディは、「こんぴらさん」(金刀比羅宮)の玄関駅ということで『金毘羅船々』になっています。

琴平駅
名称 琴平駅/ことひらえき
所在地 香川県仲多度郡琴平町榎井
関連HP JR四国公式ホームページ
ドライブで 高松自動車道善通寺ICから約8km
問い合わせ TEL:0877-73-4171
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

金毘羅船々♫

金毘羅船々(こんぴらふねふね) 追風(おいて)に帆かけて シュラシュシュシュ♪ まわれば 四国は讃州(さんしゅう)那珂の郡(なかのごおり) 象頭山(ぞうずさん)金毘羅大権現(こんぴら だいごんげん) 一度まわれば♫ この歌を知っていても口ず

坪尻駅(スイッチバック駅)

坪尻駅(スイッチバック駅)

徳島県三好市池田町にあるJR土讃線(どさんせん)の駅が坪尻駅(つぼじりえき)。四国では、同じ土讃線の新改駅(しんがいえき)とともに2ヶ所しかないスイッチバック駅になっています。国道32号近くの高台に坪尻駅展望台(落展望台)が設けられているほ

新改駅(スイッチバック駅)

新改駅(スイッチバック駅)

高知県香美市土佐山田町にあるJR土讃線(どさんせん)の駅が新改駅(しんがいえき)。土讃線が四国山地を越え、高知平野へと下る、その標高差をスイチバックで克服するスイッチバック駅。新改駅の標高は274m、7.4km離れた土佐山田駅は標高44mで

繁藤駅

繁藤駅

高知県香美市土佐山田町にある土讃線(どさんせん)の駅、繁藤駅(しげとうえき)。標高347mで、JR四国の駅では最高所に位置しています。駅の横を流れる穴内川は吉野川水系の川。繁藤駅を出ると甫喜ヶ峰森林公園(611.1m)の下を穂岐山トンネルで

安和駅

安和駅

高知県須崎市安和にあるJR四国・土讃線(どさんせん)の駅が安和駅(あわえき)。単式1面1線の駅で、駅舎はなく、ホームに待合室があるのみの素朴な駅ですが(かつては島式ホームでした)、目の前が安和海岸(安和海水浴場)というロケーションで、四国屈

善通寺駅

善通寺駅

香川県善通寺市にあるJR土讃線(どさんせん)の駅が善通寺駅(ぜんつうじえき)。現存する駅舎は、明治22年の開業時の木造駅舎を大正11年、陸軍大演習の際に車寄せ部分などを増築したもの。日本最古の現役駅舎ともいわれ(武豊線亀崎駅の駅舎とも)、国

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ