矢岳駅

矢岳駅

熊本県人吉市矢岳町にあるJR肥薩線(ひさつせん)の駅が矢岳駅(やたけえき)。標高536.9m、肥薩線の最高所の駅。明治42年11月21日、九州を縦貫する鹿児島本線の一部として鉄道院が開設した歴史ある駅で、往時の駅が現存、経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。

宮崎県境に位置する肥薩線最高所の駅

矢岳駅

加久藤カルデラの外輪山のひとつ、矢岳山。
矢岳山を貫く矢岳第一トンネル(宮崎県えびの市)が近くにあることが駅名の由来です。
大畑駅〜矢岳駅間は、九州縦貫鉄道として(さらには青森駅までを結ぶ、日本列島縦断の鉄道路線)、鹿児島本線開通にあたっての最大の難所となった場所です。

大畑駅(294m)と矢岳駅(537m)との高度差243mは、直径600mのループ線とスイッチバック、さらに最大33.3‰という急勾配で克服しています。
それでも、あまりの難所のために、鹿児島本線は八代駅〜 川内駅〜鹿児島駅に変更され、昭和2年10月17日からは肥薩線になっているのです。

昭和47年に構内にSL展示館開設され、現在、D51 170が展示されています。
かつて展示されていた58654(8620形)は、現役に復帰。
この展示されたSLと、矢岳駅の駅舎は、経済産業省の近代化産業遺産「九州南部における産業創出とこれを支えた電源開発・物資輸送の歩みを物語る近代化産業遺産群」(南九州近代化産業遺産群)、さらに「全国に遍く人と物を運び産業近代化に貢献した鉄道施設の歩みを物語る近代化産業遺産群」に認定されています。

ちなみに、矢岳第一トンネルと矢岳第二トンネルの間からの景観は、日本三大車窓のひとつ「矢岳越え」で、加久藤カルデラ越しに霧島連山とえびの高原の絶景を眺望。

矢岳駅
名称 矢岳駅/やたけえき
所在地 熊本県人吉市矢岳町
関連HP JR九州公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
人吉機関庫

人吉機関庫

熊本県人吉市にあった日本国有鉄道の人吉機関区の車庫が、人吉機関庫。明治41年6月1日、官設鉄道の八代〜人吉駅間延伸に伴い明治44年11月に機関庫(機関車庫)として築かれたもの。往時の機関庫が現存し、JR肥薩線の関連遺産として、経済産業省の近

肥薩線・大畑駅(ループ線・スイッチバック駅)

肥薩線・大畑駅(ループ線・スイッチバック駅)

熊本県人吉市大野町にある肥薩線の駅が大畑駅(おこばえき)。日本でも唯一のループ線・スイッチバック駅になっています。加久藤カルデラの外輪山である矢岳高原の北側に位置し、大畑駅(294m)と矢岳駅(537m)との高度差243mを直径600mのル

真幸駅(スイッチバック駅)

真幸駅(スイッチバック駅)

宮崎県えびの市にあるJR肥薩線の駅が真幸駅(まさきえき)。JR九州管内でも3ヶ所しかないスイッチバック駅で、肥薩線唯一の宮崎県内の駅。両隣は、矢岳駅は熊本県、吉松駅は鹿児島県と3駅で3県という珍しい場所にもなっています。スイッチバックは加久

嘉例川駅

嘉例川駅

鹿児島県霧島市にあるJR肥薩線の駅で明治36年1月15日開業の駅が嘉例川駅(かれいがわえき)。大正9年、皇太子(昭和天皇)が東郷平八郎とともに高屋山上陵参拝のため乗降した歴史を有しています。開業当初のままに現存する駅舎は国の登録有形文化財で

大隅横川駅

大隅横川駅

鹿児島県霧島市にあるJR肥薩線の駅で、鉄道院が横川駅として明治36年1月15日に開設(大正9年に大隅横川駅に改称)。開業前年の明治35年築のレトロな駅舎は国の登録有形文化財になっています。現存する鹿児島県内最古の駅舎で、経済産業省の近代化産

白石駅

白石駅

熊本県葦北郡芦北町白石にあるJR肥薩線(ひさつせん)の駅が白石駅(しろいしえき)。明治41年6月1日に帝国鉄道庁が開設した歴史ある駅で、明治42年11月21日〜昭和2年10月17日の間は、鹿児島本線の扱い。開業当時の駅舎が現存し、経済産業省

坂本駅

坂本駅

熊本県八代市坂本町にあるJR肥薩線(ひさつせん)の駅が坂本駅。明治41年6月1日に 帝国鉄道庁が開設した歴史ある駅で、明治42年11月21日〜昭和2年10月17日の間は、鹿児島本線の扱い。駅の横を球磨川が流れ、特急「かわせみ やませみ」と特

日本三大車窓・肥薩線矢岳越え

日本三大車窓・肥薩線矢岳越え

北海道の根室本線・狩勝峠越え(現在は廃線で、「狩勝ぽっぽの道」に転用)、篠ノ井線・姨捨(おばすて)とともに日本三大車窓に数えられたのが肥薩線矢岳越え(宮崎県えびの市)。加久藤カルデラ外輪山の矢岳山(739.2m)・矢岳高原を矢岳トンネル(矢

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ