佐藤邸

佐藤邸

新潟県岩船郡関川村にある国の重要文化財に指定される古民家が、佐藤邸。津野邸の西、旧米沢街道に面した旧家で、屋号は古関屋。現存する建物は明和2年(1765)年の築。かつては村の庄屋を務め、渡邉家に次ぐ大地主だった邸宅(豪農の家)です。非公開なので、外観のみ見学を。

重要文化財に指定される庄屋の家

茅葺き屋根の豪壮な建物が、庄屋時代の面影を残し、米沢街道沿いに残る江戸時代の街並みの一部となっています。
荒川舟運の川湊としても発展した米沢街道・下関宿には関川村役場正面に渡邉邸(国の重要文化財)、渡邉邸近くの津野邸 (新潟県の文化財)、明治38年に建てられた渡邉家の分家の「東桂苑」(とうけいえん)などがあります。

佐藤邸と津野邸との間には昔ながら路地もあるのでぜひ歩いてみたい場所。

佐藤邸
名称 佐藤邸/さとうてい
所在地 新潟県岩船郡関川村下関897
関連HP 関川村公式ホームページ
電車・バスで JR越後下関駅から徒歩4分
ドライブで 日本海東北自動車道荒川胎内ICから約15km
駐車場 関川村役場駐車場(100台/無料)を利用
問い合わせ 関川村総務政策課観光・地域政策室 TEL:0254-64-1478/FAX:0254-64-0079
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
渡邉邸

渡邉邸

新潟県岩船郡関川村下関にある豪商・豪農の家が渡邉邸(わたなべてい)。新発田(しばた)と出羽国・米沢(よねざわ/現・山形県米沢市)を結ぶ米沢街道(越後街道)の宿場町、越後下関(えちごしもせき)。荒川舟運の拠点としても栄えた地で、渡邉家は廻船業

津野邸

津野邸

「18世紀の街並み」をPRする新潟県関川村。米沢街道の宿場町(下関宿)、荒川舟運の拠点として発展した越後下関(えちごしものせき)にある豪商の家が、津野邸。公開される豪商・豪農の家「渡邉邸」(国の重要文化財)のすぐ西に隣接する茅葺き屋根の商家

東桂苑

東桂苑

新潟県岩船郡関川村下関(しものせき)、米沢街道・下関宿に面した渡邉邸の東、上関(荒川)寄りにある渡邉家の分家だった邸宅が東桂苑(とうけいえん)。明治38年に建築された木造2階建て入母屋造りの母屋が現存、関川村自然環境管理公社が管理公開してい

せきかわ歴史とみちの館

せきかわ歴史とみちの館

新潟県岩船郡関川村下関(しものせき)にある、米沢街道と、川湊として荒川の舟運の拠点だった下関宿に建つミュージアムが、せきかわ歴史とみちの館。鎌倉時代の初め、現在の関川村上関に桂関(かつらのせき)と呼ばれた関所が置かれたことが、地名、そして繁

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ