間瀬田ノ浦海水浴場

越後七浦シーサイドラインの途中、弥彦山系の山が海に落ちる海岸線にあり、砂浜と岩場の磯遊びの両方が楽しめる海岸。浜茶屋はないが、旅館丸一、民宿喜左エ門、海華亭かわいがあり間瀬田ノ浦温泉が湧いている。海水浴シーズンの7月中旬の土曜〜8月下旬の日曜には新潟市内の他の海水浴場と同様に監視員が常駐。

温泉湧く間瀬田ノ浦地区にある海水浴場

新潟市の海水浴場ではもっとも南に位置するのが間瀬田ノ浦海水浴場。
目の前には佐渡ヶ島が横たわっています。

海水浴場の北にある白岩は、間瀬海岸のシンボル的な存在で、渡辺淳一の小説『かりそめ』にも登場する場所。
今から2000万年以上前の海底噴火によって誕生した枕状溶岩。
この白岩がバシクルモン(海岸の岩場や砂浜に生える多年草)の自生南限にもなっています。

間瀬田ノ浦海水浴場 DATA

名称 間瀬田ノ浦海水浴場/かくだはまかいすいよくじょう
所在地 新潟県新潟市西蒲区間瀬
関連HP https://www.city.niigata.lg.jp/
ドライブで 北陸自動車道巻潟東ICから約17.2km(33分)
駐車場 800台/無料
問い合わせ 新潟市西蒲区産業観光課TEL:0256-72-8454
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

間瀬下山海水浴場

2017年8月2日

越後七浦シーサイドライン

2017年8月2日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ