山王神社

山王神社

昭和20年8月9日、長崎県長崎市に投下された原爆の熱線と強烈な爆風のため、山王神社の社殿は倒壊。参道に現存する鳥居は、その原爆投下時の遺物として、世界的にも有名になった「一本柱鳥居」。これは爆心地の南東約900mに位置したため、爆風により鳥居の片方の柱が吹き飛ばされ、一本柱で立っているもの。

原爆の惨禍を伝える参道の「一本柱鳥居」

原爆投下直後に撮影された山王神社周辺の写真を見ると、焼け焦げたクスノキの他には、何も見当たらないほどの惨状で、一帯は瓦礫の山になっています。
残された「一本柱鳥居」は、参道の二の鳥居の右半分で、貴重な被爆遺構のひとつです。
一の鳥居は奇跡的に健在でしたが、昭和37年に交通事故で倒壊してしまいました。

境内に残された樹齢500年を越えるといわれる2本の大クスの別名は、「被爆クスノキ」。
原爆の爆風により大きな亀裂が生じ、一時は枯木のようになりましたが、数年で再び発芽し次第に樹勢を回復、復興のシンボルともなった大木です。

原爆被災の貴重な遺構として、長崎市指定天然記念物に指定、風を受けると聞こえる葉音は、環境省の残したい「日本の音風景百選」にも選定されています。

山王神社は、江戸時代初期の寛永15年(1638年)、島原の乱の鎮圧のため幕府軍の総大将(板倉重昌が討ち死にして総大将に就任)として長崎に赴いた松平信綱(まつだいらのぶつな)が、この土地が比叡山麓の坂本に似ていることから、長崎代官・末次政直(末次平蔵=平戸出身で当初はキリシタン、禁教時代に仏教徒となりキリシタンの弾圧を激しく行なった代官)に命じて比叡山(天台宗の総本山)の鎮守・山王権現(当時は神仏習合、現・日吉大社)の分霊を勧請して創建したと伝えられています。
その後、江戸時代を通じて、白巌山観音院円福寺という寺でした。
明治の神仏分離、廃仏毀釈で円福寺を廃して日吉神社となり、明治14年、村社・山王神社(日吉神社)と県社・皇大神宮が合併しています(浦上皇大神宮、山王日吉神社とも称しています)。

秋の例祭(10月17日)で奉納される『浦上くんち』は「浦上九日」で、元来は山王権現の祭典。

名称 山王神社/さんのうじんじゃ
所在地 長崎県長崎市坂本2-6-56
関連HP 山王神社公式ホームページ
電車・バスで JR長崎駅から路面電車で11分、大学病院前下車、徒歩10分
ドライブで 長崎自動車道長崎ICから約7km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:095-844-1415
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ