尚仁沢湧水

尚仁沢湧水

栃木県塩谷町、矢板市との境界付近の高原山(釈迦ケ岳)山腹、標高590m地点に湧くのが尚仁沢湧水(しょうじんさわゆうすい)。高原山への降水がブナなどの広葉樹(原生林)の土壌で濾過された湧水群で、年間11度の水が1日6万5000トンも湧き出しています。水質は硬度 23mg、pH7.5~8.8のアルカリ性で、環境省の名水百選にも選定されています。

イヌブナの原生林から湧き出す清水

湧水の源となるイヌブナの原生林(国の天然記念物「尚仁沢上流部イヌブナ自然林」)を含む一帯138haは、尚仁沢自然環境保全地域として環境が保護され、湧水群周辺の26haが特別地域に指定されています。
美しい渓流には、渓流には、トウホクサンショウウオ、ムカシトンボなどの希少な生物が生息しています。
この清流が、荒川の源流のひとつにもなっています。

栃木県道63号沿いの尚仁沢湧水駐車場から尚仁沢湧水まで全長2.3kmの尚仁沢遊歩道が整備され(大雨の後などでの通行不可の場合があります)、かなりの山道を30分ほどのハイキングが必要。

栃木県道63号沿いの東荒川ダム湖畔には、尚仁沢の清水を取水堰(しゅすいぜき)から導水した「尚仁沢はーとらんど・名水パーク」(東荒川ダム親水公園)があるので、そこでお茶を濁すのも手。
東荒川ダムを一望できる憩いのスポットで、水汲み場、子供に人気の親水公園(じゃぶじゃぶ池)、児童遊園もあります。

「尚仁沢はーとらんど」では塩谷町のB級グルメ「里芋ふらい」(里芋を蒸かし捏ねて、高温の油で揚げたフライ)、そして「東荒川ダムカレー」を販売しています。

栃木県内で、環境省の名水百選に選定される名水は、ほかに出流原弁天池湧水(佐野市)があります。

尚仁沢湧水
「尚仁沢はーとらんど・名水パーク」の水汲み場
名称 尚仁沢湧水/しょうじんさわゆうすい
所在地 栃木県塩谷郡塩谷町
関連HP 塩谷町公式ホームページ
ドライブで 東北自動車道矢板ICから約22km
駐車場 あり
問い合わせ 塩谷町産業振興課 TEL:0287-45-2211/FAX:0287-45-2524
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
出流原弁天池湧水

出流原弁天池湧水

栃木県佐野市出流原町にある湧水池が出流原弁天池湧水(いずるはらべんてんいけゆうすい)。湧水池は栃木県の天然記念物、環境省の名水百選に選定されています。一帯は秩父古生層の石灰岩で形成され、鍾乳洞から湧き出す水が美しい池となったもの。毎分6〜8

環境省「名水百選」 関東11名水

環境省「名水百選」 関東11名水

昭和60年3月に環境庁(現・環境省)が選定した「名水百選」(昭和の名水百選)。「保全状況が良好」で「地域住民等による保全活動がある」のが名水の条件で、関東エリアの1都6県からは11の名水が選定されています。茨城、埼玉、千葉が各1ヶ所、残りの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ