備前北大窯跡

備前北大窯跡

岡山県備前市伊部(いんべ)、天津神社の境内にある室町時代から江戸時代にかけての備前焼の窯跡が備前北大窯跡(びぜんきたおおがまあと)。室町時代末期に北、南、西という3ヶ所の大規模の共同窯に集約されていますが、そのうちのひとつが備前北大窯です。備前陶器窯跡として国の史跡になっています。

備前焼の共同窯の跡は、国の史跡に

日本六古窯に数えられる備前焼は遡れば古墳時代の須恵器(すえき)にまで行き着くという古い歴史を持つ焼き物。
平安時代から鎌倉時代にかけて伊部(いんべ)周辺で焼かれていた日用雑器がその起源といわれています。
経済の発展とともに焼き物の需要も高まり、茶の湯の隆盛から、その渋い味わいが人気となり、伊部に陶工の大集落が築かれました。

室町時代初期に備前焼は全国に広まり、室町時代末期には伊部周辺に点在していた中規模の窯が、備前市内の北、南、西という3つの大規模の共同窯に集約され、量産体制が整えられたのです。
天津神社の境内にある備前北大窯跡はそのひとつで、江戸時代に使用されていたもの。

備前北大窯跡は、日本遺産「きっと恋する六古窯-日本生まれ日本育ちのやきもの産地-」の構成資産にもなっています。

備前北大窯跡
名称 備前北大窯跡/びぜんきたおおがまあと
所在地 岡山県備前市伊部629
電車・バスで JR伊部駅から徒歩10分
ドライブで 岡山ブルーライン備前ICから約7.7km
問い合わせ 備前市まち営業課おもてなし観光係 TEL:0869-64-1832
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
天津神社

天津神社

岡山県備前市伊部(いんべ)、備前焼とその歴史を共有する由緒ある神社が天津神社(あまつじんじゃ)。本殿は延宝6年(1678年)に建てられた優美な建物で、好彦名命(すくなひこなのみこと)と、菅原氏の荘園であったことから菅原道真を祀っています。備

備前焼伝統産業会館

備前焼伝統産業会館

岡山県備前市伊部、JR赤穂線伊部駅(いんべえき)の駅舎を含んだ建物が備前焼伝統産業会館。1階が東備広域観光情報センター(飲食店、みやげ店も入居)、2階では、岡山県備前焼陶友会に属する会員約200人の作品約1000点を一堂に集め、展示販売を行

日本六古窯とは!?

日本六古窯とは!?

施釉陶器(せゆうとうき)の瀬戸焼(愛知県瀬戸市)と釉薬をかけず高温で焼成した焼締陶器(やきしめとうき)の常滑焼(とこなめやき/愛知県常滑市)、越前焼(福井県越前町)、信楽焼(しがらきやき/滋賀県甲賀市)、丹波焼(たんばやき/兵庫県丹波篠山市

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ