本蓮寺

本蓮寺

岡山県瀬戸内市牛窓にあり、港を一望する高台に建つ名刹、本蓮寺。江戸時代には西国大名の参勤交代の宿泊所として、また朝鮮通信使の接待所として客殿にある「謁見の間」が使われています。また客殿の庭は小堀遠州作と伝わる名庭で予約をすれば見学も可能です。

朝鮮通信使の宿所だった本堂が現存!

南北朝時代の正平2年(1347年)、京の妙顕寺座主・大覚大僧正が現在の本堂にあたる法華堂を建立したことに始まり、中国以西ではもっとも古い創建の日蓮宗の寺院。

現存する本堂は明応元年(1492年)の再建で、参勤交代で風待ち、潮待ちで滞在した諸大名、そして朝鮮通信使も眺め、宿所とした建物です。
寄棟造り本瓦葺で、中門、番神堂とともに国の重要文化財。

元禄3年(1690年)完成の三重塔は方三間三重の本瓦葺きで、比較的小規模ですが、被写体に絶好。

境内は朝鮮通信使遺跡として福山市鞆の福禅寺、静岡市清水区興津の清見寺とともに国の史跡に指定。
江戸時代に日本国と朝鮮国の善隣友好の使者として、12回渡日した朝鮮通信使。
牛窓港に寄港した際に、三使の宿館として4回利用さている。
後に三使の宿館が御茶屋に移った後も朝鮮通信使を接待する岡山藩の接待役の宿館になっています。

本蓮寺に残される漢詩「本蓮寺朝鮮通信使詩書」9点(岡山県立博物館に寄託)は、「朝鮮通信使に関する記憶」の一部として国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されています。

第3回・寛永元年(1624年)の来日から、第6回・明暦元年(1655年)の来日まで、合計3回は、朝鮮通信使の中心的な役割を担う、正使・副使・従事官の三使が本蓮寺に宿泊していました。
第7回・天和2年(1682年)来日以降は、岡山藩が設置した御茶屋に宿泊するようになりました。

朝鮮通信使の牛窓寄港年表

人員正使副使来日の主目的牛窓の寄港・内容
慶長12年(1607年)504名呂祐吉慶暹日朝修好など往路食事で寄港、帰路は通過
元和3年(1617年)428名呉允謙雲渓大坂平定の賀往路通過、復路に船泊、民家泊
寛永元年(1624年)460名郭岦姜弘重家光襲職祝賀往路本蓮寺泊、復路船泊
寛永13年(1636年)478名任絖金世濂泰平の賀往路・復路とも船泊
寛永20年(1643年)477名尹順之趙絅家綱誕生の賀往路本蓮寺泊、復路食事後船泊
明暦元年(1655年)485名趙珩兪瑒家綱襲職祝賀往路本蓮寺泊、復路通過
天和2年(1682年)473名尹趾完李彦綱綱吉襲職祝賀往路御茶屋泊、復路通過
正徳元年(1711年)500名趙泰億任守幹家宣襲職祝賀往路復路とも御茶屋泊
享保4年(1719年)475名洪致中鷺汀吉宗襲職祝賀往路御茶屋泊、復路通過
延享5年(1748年)477名洪啓禧南泰耆家重襲職祝賀往路御茶屋泊、復路通過
明和元年(1764年)477名趙曮李仁培家治襲職祝賀往路御茶屋泊、復路船泊
文化8年(1811年)328名金履喬李勉求家斉襲職祝賀対馬で交聘、帰還
本蓮寺
名称 本蓮寺/ほんれんじ
所在地 岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓3194
電車・バスで JR邑久駅から両備バス牛窓行きで18分、本蓮寺下車、徒歩3分
ドライブで 岡山ブルーライン邑久ICから約7.5km
駐車場 なし
問い合わせ 本蓮寺 TEL:0869-34-2014/FAX:0869−34−5215
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
牛窓海遊文化館

牛窓海遊文化館(旧牛窓警察署本館)

岡山県瀬戸内市牛窓町、風待ち湊、潮待ち湊としての歴史を有する牛窓港に建つ展示資料館が、牛窓海遊文化館。敷地は肥後藩が参勤交代で利用した宿舎跡。そして白壁漆喰のレトロな建物は、明治20年築の旧牛窓警察署本館(建築当初は西大寺警察署牛窓分署)で

街角ミュゼ牛窓文化館(旧中國銀行牛窓支店)

街角ミュゼ牛窓文化館(旧中國銀行牛窓支店)

岡山県瀬戸内市牛窓町、レトロな家並みが残る牛窓のしおまち唐琴通り沿いにあるのが街角ミュゼ牛窓文化館。旧中國銀行牛窓支店の建物(国の登録有形文化財)を再生したもの。牛窓はかつて瀬戸内海屈指の貿易港として栄えた町で、その名残をとどめる建築物の代

しおまち唐琴通り

牛窓・しおまち唐琴通り

岡山県瀬戸内市牛窓町、播磨灘に臨み西廻り航路、朝鮮通信使の風待ち、潮待ちの港として栄えた牛窓。「牛窓千軒」とも称された牛窓の繁栄を今に伝える通りが、しおまち唐琴通りです。古き家並みは、唐琴の瀬戸と呼ばれる海峡部に沿って、関町から東町(関町・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ