比屋定バンタ

比屋定バンタ

沖縄県久米島町、久米島の北東部、阿嘉(あか)にある高さ200mの断崖絶壁が、比屋定バンタ(ひやじょうばんた)。バンタとは方言で断崖の意味で、比屋定集落から阿嘉集落に向かう坂を上った一周道路沿いに展望台があります。展望台周辺には遮るものはなく、美しいサンゴ礁の海を眺める絶好のビューポイントになっています。

久米島随一の展望台は、200mの断崖の上に

久米島北部を周回する沖縄県道242号(宇根仲泊線)沿いにあるので、アプローチも便利。
標高は199mほどあり、海食崖の断崖上に位置するので高度感もかなりあります。
実は久米島は沖縄県でも唯一といえる安山岩(溶岩)が主体の島。
比屋定バンタの海食崖も安山岩溶岩(第三紀の宇江城岩層)が浸食されたもの。

展望施設に上れば、はての浜(久米島の東沖合5kmに点在する砂浜だけの無人島)はもちろん、晴れた日なら粟国島(あぐにじま)、渡名喜島(となきじま)、さらに慶良間諸島(けらましょとう)なども一望のもと。
快晴の日なら、沖縄本島まで視認できます。
また海から吹き上げる風が強い場所で、パラグライダー、ハンググライダーのフライトエリアにもなっています。

ちなみに眼下の生け簀は海洋深層水(水深612mの深海から採水)を活用した車エビの養殖場(株式会社エポック)。
沖縄県は養殖車エビの生産量日本一を誇っていますが、久米島は県内最大の拠点産地です。
海洋深層水を使うことで、抗生物質や殺菌剤を使わない安全・安心な車えびを育てることが可能になったのだとか。
冬季が旬なので、冬場に久米島を訪れたならぜひ、「活車えび」を味わいましょう。

名称 比屋定バンタ/ひやじょうばんた
所在地 沖縄県島尻郡久米島町阿嘉
電車・バスで 久米島空港からタクシーで20分
ドライブで 久米島空港から約9km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 久米島町商工観光課 TEL:098-851-9162
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ