焼きイカ通り

焼きイカ通り

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町(あじがさわまち)、五能線と並走して海岸線沿いを走る青森県道3号(弘前岳鰺ケ沢線)・大間越街道周辺には、「イカのカーテン」と呼ばれるイカの生干しが並ぶ風景が展開。さらに生干ししたイカをさっと焼いて売る焼きイカ店が並び、焼きイカ通りと通称されています。

鰺ヶ沢名物の生干しイカを購入

焼きイカ通り

鰺ヶ沢港は、藩政時代、北前船の舟運の拠点、さらに津軽藩の積出港として繁栄した歴史を有しています。
また、イカやタイ、エビ、カニ、サザエなどの魚介類が水揚げされ、薫製、寒干しなどにもなっています。
青森ではイカは1年中獲れますが(青森県のイカの漁獲高は北海道に次いで2位、スルメイカが大半)、とくに美味しいというのが夏場の7月〜8月。
スルメイカは、春から夏にかけて暖流にのって北上し、秋になると産卵のため、再び九州に向けて南下します。
日本海・津軽海峡・太平洋に挟まれた青森沖は海流がぶつかる好漁場で、スルメイカのエサとなるプランクトンが夏場にかけて大量発生、それを食して、腑腸(ふわた)に脂肪を蓄えるのです(これが、「夏イカ」)。

焼きイカ店では、干物の他に、イカの塩辛、季節の魚の一夜干しなども販売されているので、土産の購入にも絶好です。
注目は無添加の塩辛。
「赤羽屋磯辺商店」(鰺ヶ沢町赤石町大和田39-43)の「昭和の塩辛」は、イカの他に、食塩、味噌、清酒、唐辛子のみ。
「無添加で塩辛を作る業者は青森県内でもごく少数」なのだとか。

毎年9月第1土曜日には鯵ヶ沢町商工会主催で『鰺ヶ沢イカのカーテンまつり』も開催されています。

焼きイカ通り
焼きイカ通り
名称 焼きイカ通り/やきいかどおり
所在地 青森県西津軽郡鰺ヶ沢町赤石町大和田
関連HP 鰺ヶ沢町観光ポータルサイト
電車・バスで JR陸奥赤石駅から徒歩20分、JR鰺ヶ沢駅からタクシーで10分
ドライブで 津軽自動車道鰺ヶ沢ICから約6km
問い合わせ 鰺ヶ沢町観光協会 TEL:0173-72-5004
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
五能線リゾートしらかみ

大人の休日倶楽部・青森県「五能線篇」で紹介の五能線&焼きイカ通りはここ!

吉永小百合が旅するテレビCMで注目のJR東日本「大人の休日倶楽部」。令和3年4月〜9月に行なわれる東北DCに合わせて放送される青森県「五能線篇」で登場の五能線は、秋田県能代市の東能代駅と青森県田舎館村の川部駅を結ぶ、ローカル線。途中の鰺ヶ沢

道の駅ふかうら かそせいか焼き村

道の駅ふかうら かそせいか焼き村

青森県西津軽郡深浦町風合瀬(かそせ)を走る国道101号沿いにあるのが道の駅ふかうら かそせいか焼き村。地元の風合瀬漁業協同組合が運営し、焼きイカや新鮮な魚介類、さらには浜の女性が手作りした飯寿しなどを販売しています。夏場の8月〜9月なら、ス

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ