立神岩展望台

立神岩展望台

沖縄県与那国町、与那国島の東部、立神岩(たちがみいわ)の東側にある展望台が立神岩展望台。2階建てになった展望台からは地元で頓岩(とぅんがん)とも呼ばれる奇岩・立神岩を眼下にします。展望台は2ヶ所あり、立神岩近くの展望駐車公園(パーキング)から600mほど東にも古い展望台(トイレあり)が残されています。

与那国島東部、サンニヌ台近くの奇岩

立神岩から東のサンニヌ台(三根台)にかけての一帯は、八重山層群の砂岩(浅い海でできた砂岩)がテラス状に広がっています。
立神岩は、八重山層群の一部が断層の後、 風化、浸食に取り残されて形成された高さ20mの奇岩で、よく見ると横縞状の水平な層理(地層の境目)が観察できます。

立神岩には悲しい伝説も残されています。
昔若者2人が海鳥の卵を取りに岩に登った際、ひとりは下降中に転落して死亡してしまいますが、残されたひとりは、なすすべがなく、神に祈り、岩の上でうたた寝したところ、気がついたら岩から下りていたという話。
若者は喜び神に御礼をし、以来、この岩を神岩としたという伝説です。

さらに700mほど北東には眼下に軍艦岩を眺めるサンニヌ台(三根台)があり、奇岩の続く海岸線となっていますが、海底遺跡かと話題になった海底地形(通説では自然地形とされる)も新川鼻(立神岩の南西)の沖50mの位置に隠れています。
サンニヌ台(三根台)からさらに東に進むと、与那国島の最東端、東崎展望台・東埼灯台です。

立神岩展望台
名称 立神岩展望台/たちがみいわてんぼうだい
所在地 沖縄県八重山郡与那国町与那国
関連HP 与那国町観光協会公式ホームページ
ドライブで 与那国空港から約9km
駐車場 6台/無料
問い合わせ 与那国町観光協会事務所TEL:0980-87-2402/FAX:0980-87-2445
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

与那国島 東崎(東牧場)

与那国島では日本で最後に沈む夕日が見られる西崎(いりざき)が有名ですが、東端に位置する東崎(あがりざき)からは、晴れた日には遠く西表島をも眺望。突端の断崖上には東埼灯台が建ち、展望台が設けられています。また岬高台の広大な草原は東牧場となって

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ