竜門滝

竜門滝

山形県西村山郡西川町、朝日連峰の竜門山(1688m)、大朝日岳(1870.7m)への登山口となる日暮沢小屋(避難小屋)の横を流れる根子川の上流部に懸かる落差20mほどの滝が竜門滝。日暮沢小屋からさらに奥に林道が伸び、林道終点から沢沿いの登山道を歩けば15分ほどで竜門滝へと到達できます。

朝日連峰に眠る秘瀑で地元カメラマンに人気

竜門滝

登山道からは木々に遮られて、全貌を見ることができないので、少し手前から長靴で遡上する人もいますが、増水期、増水時には注意が必要。
滝の手前の登山道からロープが谷底へと吊るしてありますが、かなり危険なのでこちらも慎重に。

ほとんど無名の秘瀑ですが、美しい滝壺などから、地元のカメラマンを魅了しています。
滝壺は、渦を巻く水流があるので入ったらとても危険。

竜門滝
名称 竜門滝/りゅうもんたき
所在地 山形県西村山郡西川町
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本一の滝王国・山形

日本一の滝王国・山形 観賞したい20瀑を紹介!

山形県内には230もの滝(落差5m以上)があり、滝の数では日本一。全国に2488ヶ所ある(平成元年、環境省の自然環境保全基礎調査)といわれる滝のうち1割が集中することに。山形県では「日本一の滝王国 山形」をPRしています。そんな山形県から代

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ